ポルカドット(DOT)エコシステム、コスモス(ATOM)のインターチェーンに参加へ

ポルカドットエコシステムがインターチェーンに参加へ

L1ブロックチェーンのピカソネットワーク(Picasso Network)が、エコシステム「ドットサマ(DotSama)」をコスモス(Cosmos)中心の相互運用エコシステム「インターチェーン(Interchain)」に接続したことを6月29日に発表した。ちなみに「ドットサマ」はポルカドット(Polkadot)とクサマ(Kusama)のエコシステムの総称である。

ピカソネットワークは安全なクロスチェーンでの資産移動を目指す分散型金融(DeFi)プロジェクト「コンポーザブルファイナンス(Composable Finance)」のためのL1ブロックチェーン。なお同ブロックチェーンはパブリックブロックチェーンのポルカドットのカナリアネットワークとして知られるクサマのパラチェーンである。

「コンポーザブルファイナンス」によるとこの統合は、ブロックチェーン間通信プロトコル「IBC(Inter-Blockchain Communication)」を介して行われているという。なおすでにクロスチェーン送金プロトコル「ケンタウリ(CENTAURI)」を用いることでピカソネットワークとコスモスエコシステム内の「オズモシス(Osmosis)」間の送金が利用可能になっているという。

なおIBCとは、インターチェーン財団やコスモス内のプロジェクトによって策定されたブロックチェーン同士を相互運用するための標準仕様。これを採用することでブロックチェーンを跨いだトークン転送などのデータ通信が可能になる。

コスモスのインフラストラクチャの開発・運営を支援するインターチェーン財団(ICF:Interchain Foundation)は、「IBCを介したポルカドットの統合はインターチェーンビジョンの実現に向けた一歩の前進を示している」とし、「ポルカドットとインターチェーンを繋いでくれた『コンポーザブルファイナンス』に祝福を送る」とツイッターで述べた。

また「コンポーザブルファイナンス」はツイッターで「初めて、DOT、KSM、PICAへのトラストレスでのアクセスがコスモスエコシステムで利用可能になります。トラストレスでドットサマのアセットをコスモスに導入することは、アセットの安全性を大きく向上させるものです」と述べている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStoks/angel_nt

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資