米SEC、テラ訴訟で暗号資産の証券性判断は「陪審ではなく裁判官が行うべき」と主張

テラフォームラボの民事訴訟で

昨年5月に暴落した暗号資産(仮想通貨)「テラ:Terra(LUNA:ルナ)」の発行元であるテラフォームラボ(Terraform Labs)に対する民事訴訟で、同社が提供・販売する暗号資産(仮想通貨)が有価証券か否かの判断は陪審ではなく裁判官が判断する事項だと、米証券取引委員会(SEC)が主張している。12月4日にSECの弁護士が提出した書類により明らかとなった。

ニューヨーク州南部地区連邦地裁へ提出された書類によると、SECはガイドラインに戻づく暗号資産の証券性に関する判断は、「陪審のための事実問題ではなく、裁判所が判断すべき法的問題だ」と主張している。

SECはまた、「被告の暗号資産販売は、被告の努力から得られる利益を期待したものであり、ハウィー判例法に規定される投資契約テストを満たすという重大な事実については明白かつ議論の余地はない」とし、「裁判所は、基礎的な要素に関する事実上の争いを解決するために陪審に質問を提出することができるが、ここではそのような争いはない。被告の暗号資産がどのように販売されたのか、それらのオファーや販売の条件、または被告がマーケティング資料やプロモーションで何を述べたのかに関する事実上の疑問点はない」と述べている。

なおハウィー判例法は、1946年に起きたSEC対W. J. Howey社事件の際に裁判所が「投資契約」の判断基準として定めたもの。後年「ハウィーテスト(Howey test)」と呼ばれるようになった。「ハウィーテスト」は、米国において特定の取引が、証券取引の定義の一つである「投資契約」に該当するかどうかを判定するテストである。

SECは2月、「LUNA」及びテラフォームラボ、その創業者ド・クウォン(DoKwon)氏を証券詐欺指揮の罪で提訴している。

クオン氏の弁護士はこの提訴について、同氏のどの行為が米国法に抵触するかについて公正な通知・明確な説明を受けていないと述べており、この提訴が棄却されるべきだと主張している。

テラの騒動

ド・クオン(DoKwon)氏が立ち上げたテラフォームラボは、暗号資産「LUNA」とアルゴリズム担保型米ドルステーブルコイン「テラUSD:TerraUSD(UST)」を発行していた。

テラUSDは、法定通貨の価格に連動する「ステーブルコイン」としてかつては世界の暗号資産上位10位内に入っていたが、昨年5月に1USD=1USTのペッグが崩壊し暴落。USTやLUNAなどの暗号資産が無価値となり、世界の投資家の間で総額420億ドルの損失が発生したとの試算もあり、投資家らから詐欺で訴えられている。その後インターポールの手配リストにも掲載された。

昨年6月に韓国捜査当局がテラプロジェクトの関係者に出国禁止令を出し、同年9月には、韓国の裁判所がド・クオン氏を含む6人に逮捕状を発布。

3月23日には、ド・クオン氏と同氏の側近とされるホン・チャンジュン(Hon Chang Joon)氏が、ドバイ行きのフライトのパスポート審査で偽造パスポートを使用したとして、文書偽造の犯罪容疑でモンテネグロの空港にて逮捕された。

モンテネグロの裁判所は6月、ド・クオン氏とホン・チャンジュン氏に懲役4カ月の実刑判決を下している。

関連ニュース

参考:提出書類
image:iStocks/ablokhin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ