南米最大デジタル銀行Nubank、Circle及びTalosと提携

タロスと提携し暗号資産取引コスト削減へ

ブラジルのデジタル銀行Nubank(ヌバンク)が、デジタル資産の機関投資家向け取引技術を提供するタロス(Talos)との提携を12月5日発表した。

タロスとの提携によりヌバンクは、ブラジル・レアル建ての暗号資産取引を希望する顧客に対し、タロスのスマート・オーダー・ルーティング・エンジンによるコスト削減と、複数の流動性プロバイダー間での取引執行を最適化する接続性を提供できるようなった。

タロスは、ヌバンクの暗号資産取引プラットフォーム「ヌバンククリプト(Nubank Cripto)」へ、顧客取引専用に開発されたアルゴリズム、リアルタイムの市場データ統合、執行分析、コンプライアンスツールを提供しているとのことだ。

タロスは、流動性調達、価格発見、取引執行、決済、貸し出し、借り入れを含むデジタル資産取引をサポートする機関投資家グレードの技術インフラを提供する企業だ。

同社の注文執行管理技術は、パートナー企業とその先の顧客に高度な取引機能と効率性を提供しており、主要機能として、様々な流動性プロバイダーへのスマートな注文ルーティングがある。

サークルとも提携、USDCを提供可能に

またヌバンクはタロスとの提携と同日に、米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」を発行する米サークル(Circle Internet Financial)との提携も発表している。

サークルとの提携によりヌバンクは、顧客向けにUSDCを提供できるようになったとのこと。

ヌバンクの顧客は、ブラジル、メキシコ、コロンビア全土で9000万人規模だという。

USDCのサポートはまず「ヌバンククリプト」の一部として展開され、ユーザーはUSDCを購入・保有することが可能だ。

またヌバンクは、将来的にUSDCをヌバンクの広範なデジタル・バンキング・プラットフォームに統合させることを検討しており、顧客へUSDCを利用したブロックチェーン・ベースの金融サービスを提供する可能性を示した。

サークルのCEO兼共同創設者であるジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)氏は、「ラテンアメリカ全域でドルへのアクセスに対する強い需要が続いており、特にブラジルでは、同地域におけるデジタル通貨の使用と普及の原動力として台頭している。ヌバンクとのパートナーシップは、USDCの世界的なリーチを拡大する重要な瞬間であり、新しいインターネット金融システムの構築に向けた重要な一歩だ」と述べている。

関連ニュース

参考:発表1発表2
image:iStocks/shilh

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した