米サークルの「CCTP」、「Noble」からコスモスエコシステムをサポートへ、dYdXも利用予定

サークル「CCTP」がコスモスエコシステムをサポートへ

米ドルステーブルコイン「USDC」をブロックチェーン間で転送する「クロスチェーン転送プロトコル(Cross-Chain Transfer Protocol:CCTP)」が、トークン発行プロトコルのノーブル(Noble)を介してコスモス(Cosmos)エコシステムに対応することが11月14日に発表された。対応開始は11月28日からとのこと。

「CCTP」は「USDC」を転送元のチェーンで消滅(バーン)させ、転送先のチェーンで発行(ミント)する「バーンアンドミント(Burn and mint)」を採用することで、より安全に他のブロックチェーンに「USDC」を移動できる機能である。なお同機能は11月3日からノーブルのテストネットで利用可能になっており、現在もテストネットでのみ利用可能だ。

現在「CCTP」に対応しているのは、イーサリアム(Ethereum)、アービトラム(Arbitrum)、OPメインネット(OP Mainnet)、ベース(Base)、アバランチ(Avalanche)の5つのブロックチェーンである。

「CCTP」がノーブルをサポートすれば、コスモスエコシステムへの移行を進めているDEX(分散型取引所)dYdXなど、ノーブルがIBCで接続している多くのサービスおよびブロックチェーンで、より安全に「USDC」が利用可能になるとのことだ。

これについてdYdXもブログで記事を公開しており、その中で「CCTP」とノーブルの説明を行い、「簡単、シンプルかつ安全な方法で、dYdX Chainが検討している担保であるUSDCを他のチェーンから直接送信できる」とし、また「ノーブル上のUSDCとCCTPの差し迫った立ち上げにより、dYdXのv4ソフトウェア(dYdX Chain)に大きなUXのメリットが解き放たれる準備が整っています」とも記事にて述べられている。

サークルは現在「USDC」のマルチチェーン展開を進めている。9月中に「USDC」をベース(Base)、Cosmos via Noble(ノーブルを介したコスモスエコシステム)、ニア(NEAR)、オプティミズム(Optimism)、ポルカドット(Polkadot)に対応し、10月にPolygon PoS(ポリゴン)へ対応すると発表し、その実装を行ってきた。また同時にこれらのブロックチェーンを「CCTP」に対応させるとしている。

Nobleとは

ノーブルはコスモスおよびコスモスネットワークのコアコンポーネントとして実装されている「IBC(ブロックチェーン間通信プロトコル)」を採用しているプロトコルおよびそのアプリケーションチェーンだ。ブロックチェーンのエコシステム内でのネイティブアセットを発行するために構築された。

関連ニュース

参考:ノーブルブログ
images:iStocks/Vit_Mar

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored