ブリッジプロトコル「Wormhole」、「USDC」の「クロスチェーン転送プロトコル」統合

WormholeがUSDCのCCTPを統合

ブリッジプロトコル「ワームホール(Wormhole)」提供の「ワームホールコネクト(Wormhole Connect)」が、米ドルステーブルコイン「USDC」をブロックチェーン間で転送する「クロスチェーン転送プロトコル(Cross-Chain Transfer Protocol:CCTP)」と統合したことが9月20日に発表された。

今回の統合により開発者は、ネイティブ版「USDC」をブリッジ可能なウィジェットを独自のアプリケーションに追加可能になったとのことだ。

「ワームホールコネクト」は、開発者が独自のアプリケーションに「ワームホール」を介したトークンブリッジを搭載できるサービス。わずか3行のコードをアプリケーションに挿入するだけで、アプリケーションにブリッジ用のウィジェットの追加が可能だ。

また「CCTP」は、「USDC」を転送元のチェーンで消滅(バーン)させ、転送先のチェーンで発行(ミント)する「バーンアンドミント(Burn and mint)」を採用することで、より安全に他のブロックチェーンに「USDC」を移動できる機能。なお「CCTP」では「USDC」をサークルが発行するネイティブ版トークンのままブリッジが可能となっている。

なお現在「CCTP」は、イーサリアム(Ethereum)・アバランチ(Avalanche)・アービトラム(Arbitrum)の3つのブロックチェーンに対応している。

「USDC」を発行するサークルは、最近同ステーブルコインをネイティブ版で様々なネットワークで発行することに注力している。9月中にベース(Base)、コスモスエコシステム(Cosmos via Noble)、ニア(NEAR)、オプティミズム(Optimism)、ポルカドット(Polkadot)に対応し、10月にはポリゴン(Polygon PoS)にも対応することが発表されており、現在順次発行が進められている。

なお今後これら全てのチェーンについても「CCTP」に対応させると、サークルは発表している。

関連ニュース

参考:ワームホールブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論