ブリッジプロトコル「Wormhole」、Cosmos(ATOM)系ブロックチェーン立ち上げへ

WormholeがCosmosベースのブロックチェーン立ち上げへ

ブリッジプロトコルなどを提供する「ワームホール(Wormhole)」が、コスモス(Cosmos)ベースの独自ブロックチェーン「ワームホール・ゲートウェイ(Wormhole Gateway):以下ゲートウェイ」立ち上げを7月21日に発表した。

「ワームホール」によると、「ゲートウェイ」はコスモスエコシステムへのアクセスを拡大し、流動性をもたらすと同時に、「ワームホール」のセキュリティと主権性を向上させることを目的としているという。

「ゲートウェイ」は、コスモスが提供するアプリケーション固有のブロックチェーンの作成をサポートするツール「コスモスSDK(Cosomos SDK)」を使用して作成されている。同ツールはブロックチェーン間通信プロトコル「IBC(Inter-Blockchain Communication)」に対応しているため、「IBC」対応のブロックチェーン間ではトークン転送などのデータ通信が可能となっている。

今回「ゲートウェイ」が立ち上げられたことにより、トークンをコスモスエコシステム上でシームレスに取引できるだけでなく、イーサリアム(Ethereum)やソラナ(Solana)など、元々「ワームホール」が統合しているブロックチェーンからコスモスエコシステム内のブロックチェーンにトークンをブリッジすることも可能になったという。

また「ゲートウェイ」が持つ、ハッキング時のクロスチェーン感染を制限するモジュール「ガバナー(governor)」等の「ワームホール」の機能により、コスモスエコシステム全体のセキュリティに貢献するとも述べられている。

「ワームホール」は先日、大手DEX(分散型取引所)ユニスワップ(Uniswap)のクロスチェーン展開を進めるためのブリッジングプロトコルとして、ユニスワップの開発をサポートするユニスワップ財団(Uniswap Foundation)のブリッジ評価委員会(Uniswap Bridge Assessment Committee)によって「アクセラー(Axelar)」とともに採択されている。

関連ニュース

参考:ワームホールブログ
デザイン:一本寿和

images:iStocks/ihor-lishchyshyn

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した