クロスチェーンプロトコル「Axelar」がマイクロソフトと提携、ブロックチェーンの相互運用性製品の提供に向け

AxelarがMicrosoftと提携

クロスチェーンプロトコル「アクセラーネットワーク(Axelar Network)」が、米マイクロソフト(Microsoft)とのパートナーシップ締結を7月11日発表した。

アクセラーによるとこのパートナーシップは、データ統合と相互運用性レイヤーの構築を通じてブロックチェーンの普及を促進し、企業からweb3スタートアップまでの全ての人がより簡単にブロックチェーンを利用可能にすることを目的としているという。

また両社は、プライベートチェーンとパブリックチェーンを接続し「Azure OpenAIサービス」を活用することで、web3で全く新しい体験を生み出すことへの探求についても合意したとのこと。

アクセラーはパートナーシップの一環として、異なるブロックチェーン上のアプリケーション統合可能にするアクセラー提供の機能「ジェネラルメッセージパッシング(GMP:General Message Passing)」を「マイクロソフトアジュールマーケットプレイス(Microsoft Azure Marketplace)」で提供するとのことだ。

ちなみに「ジェネラルメッセージパッシング」は別のブロックチェーンのスマートコントラクトを呼び出すことができる機能である。

アクセラーネットワークのツイッターによると、同プロジェクト共同創業者セルゲイ・ゴルブノフ(Sergey Gorbunov)氏は「ビジョンを共有したことで、私たちはマイクロソフトと提携し、急成長中のweb3スタートアップからグローバル企業まで、Azureコミュニティに拡張可能な相互運用性レイヤーを提供することになりました」とし、また「マイクロソフトと協力することで、ブロックチェーン対応のオープンAIサービスや、将来のWeb3アプリケーションへのAIの統合など、web3における他の新しいフロンティアの可能性も追求できるようになりました」と述べている。

Axelarとは

アクセラーは、異なるブロックチェーンを跨いだアプリケーションの実装を容易にするためのハブとなるパブリックブロックチェーン。

コスモスの独自ブロックチェーン開発キット「CosmosSDK」を利用して開発されているプルーフオブステークモデルのブロックチェーンであり、ネイティブトークン「AXL」を発行している。

なお大手DEX(分散型取引所)ユニスワップ(Uniswap)は6月、クロスチェーン展開を進めるためのブリッジングプロトコルとして「ワームホール(Wormhole)」とともに同プロトコルの採択を承認している。

関連ニュース

    参考:アクセラー
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/jittawit.21

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    田村聖次

    和歌山大学システム工学部所属
    格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
    SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

    和歌山大学システム工学部所属
    格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
    SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

    合わせて読みたい記事

    【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

    香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

    モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

    モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

    【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

    【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も