米コインベースにAxelar(AXL)上場へ

米コインベースにAxelar(AXL)上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、暗号資産アクセラー:Axelar(AXL)の取り扱い予定を2月7日発表した。

同取引所でのAXLの取り扱いは2月7日9:00(日本時間8日2:00)から開始する予定。「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:取引所)」で取り扱われるという。

取引ペアについてはAXL-USDがサポートされる予定だ。

今回の新規銘柄の取り扱いはコインベースサービス提供地域のうち一部は対象外となるとのこと。日本についてはコインベースが事業縮小による取引停止をしたため、両銘柄のサポートは対象外となる。

なお今回取り扱いとなるAXLはアクセラーネットワークで発行されるトークンだ。

アクセラー(AXL)とは

AXLは「アクセラーネットワーク(Axelar Network)」上で使用可能なネイティブトークンだ。

アクセラーネットワークは、アプリケーション実装を容易にするためのクロスチェーンハブとなるパブリックブロックチェーンだ。開発者はそれぞれの接続先チェーンの実装方法を意識せずDAppsを構築できるとのこと。なおアクセラーネットワークはコスモス(ATOM)SDKで構築されている。

またAXLは特定のブロックチェーンに依存せず、その他のブロックチェーンでも稼働する性質を持つ。そのためユーザーは、資産を管理しているブロックチェーンとは別のブロックチェーンで任意のアプリケーションを実行できる。

AXLの主な使用用途としては、「バリデーターへのガス代の支払い」、「バリデーターやデリゲーターへのブロック報酬」、「エコシステム構築者やコミュニティ貢献者への報酬」などだ。 現在AXLはクラーケン(Kraken)やフォビ(Huobi)、ゲートアイオー(Gate.io)、バイナンスUS(Binance US)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所で取り扱われている他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やオズモシス(Osmosis)といった分散型取引所(DEX)で取引が行われている。

なお時価総額については約151億円だ(2/7 11:40コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベース、「Wrapped Axelar(WAXL)」取り扱いへ

米コインベースにAudius(AUDIO)とThreshold(T)上場へ

クラーケングローバルにEuler Finance(EUL)とWrapped Axelar(WAXL)上場へ

コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資