米コインベースにAudius(AUDIO)とThreshold(T)上場へ

米コインベースにAUDIOとTが上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、暗号資産オーディアス:Audius(AUDIO)およびトレシュッド:Threshold(T)の取り扱い予定を1月26日発表した。

同取引所でのAUDIOとTの取り扱いは1月26日9:00(日本時間27日2:00)から開始する予定。「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange):取引所」で取り扱われるという。

取引ペアについてはAUDIO-USDおよびT-USDがサポートされる予定だ。

今回の新規銘柄の取り扱いはコインベースサービス提供地域のうち一部は対象外となるとのこと。日本についてはコインベースが事業縮小による取引停止をしたため、両銘柄のサポートは対象外となる。

なお今回取り扱いとなるAUDIOとTはそれぞれイーサリアム(Ethereum)ネットワーク上で発行されるERC-20規格のトークンとのこと。

オーディアス(AUDIO)とは

「Audius」は2020年10月にローンチした、ブロックチェーンとトークンエコノミーを活用したSpotifyやSoundCloudのような音楽ストリーミングサービスだ。独自通貨「AUDIO」の発行と供給を行うことで分散化したノード運用を可能にしている。

現在のところAUDIOは、バイナンス(Binance)やクラーケン(Kraken)、クーコイン(Kucoin)など多くの暗号資産取引所で取り扱われている。

またAUDIOの時価総額は約387億円となっている(1/26 15:30コインマーケットキャップ調べ)。

トレシュッド(T)とは

トレシュッドはスマートコントラクトがプライベート暗号化データに簡単にアクセスして管理することを目的としたプロジェクト。Tはステーキングや担保として提供することで利回りを得ることもできる他、ガバナンストークンとしても利用されている。

現在Tはバイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、クラーケン(Kraken)、ビッサム(Bithumb)、ゲート(Gate.io)、オーケーエックス(OKX)、クリプトドットコム(Crypto.com)などの暗号資産取引所やユニスワップV3(Uniswap V3)やカーブファイナンス(Curve Finance)などの分散型金融(DeFi)でも取引が行われている。時価総額については約591億円だ(1/26 15:30コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

分散型音楽配信の「Audius(AUDIO)」、約8億円ハッキング被害、犯人はイーサにスワップ

【解説】TikTokと連携!分散型音楽配信サービス「Audius(AUDIO)」とは?

クラーケングローバル、AGLD、API3、LDO、NMR、RLC、ROOK、T、WETHの8銘柄上場

米コインベースにコスモス基盤のレンディング「Kava(KAVA)」上場へ

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored