Axelar、「インターチェーントークンサービス」をテストネットで公開

Axelarが「インターチェーントークンサービス」をテストネットで公開

クロスチェーンプロトコル提供のAxelar Network(アクセラーネットワーク)が、「インターチェーントークンサービス(ITS)」を7月18日発表した。現在「ITS」はテストネットにて利用が可能だ。

同サービスは、クロスチェーンに対応するERC-20規格の「インターチェーントークン」を作成するスマートコントラクトだ。「インターチェーントークン」とは、アクセラ―が統合したEVM互換チェーン上をクロスチェーンで容易に送金、ブリッジできるトークンのこと。これによりイーサリアム互換チェーン全体でのトークンの相互運用性の向上を目的としている。

「ITS」を利用することで開発者は、新たにERC-20規格の「インターチェーントークン」を発行できるほか、既存のERC-20トークンを「インターチェーントークン」に変換することも可能とのことだ。

アクセラーは「ITS」を、「トークンをクロスチェーンに拡張し、ネイティブの品質を維持しながら、チームが簡単にトークンをミント(発行/鋳造)し、『インターチェーントークン』の作成を通じて供給と機能が管理可能になる」と説明している。

なおアクセラ―は大手DEX(分散型取引所)Sushi(スシ)を、「ITS」を通じて「インターチェーントークン」を採用をする企業として紹介しており、同DEXのネイティブトークン「SUSHI」を「インターチェーントークン」とするとしている。

これに対しSushiも公式ツイッターで「インターチェーンSUSHIはまもなくあなたの近くのチェーンに登場します」とツイートしている。

関連ニュース

 

    参考:LDITSテストネットドキュメント
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/Mertsaloff

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    大津賀新也

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    合わせて読みたい記事

    【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

    米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

    Sponsored