セブン銀行、NFTノベルティの募金キャンペーン開始。スシトップ「NFT top shot」活用で

スシトップのNFT top shot活用で

セブン銀行が、NFTをノベルティとする募金キャンペーン「セブン銀行ATMでNFT募金キャンペーン」を実施中だ。同社が7月18日発表した。

発表によれば同キャンペーンは、7月18日から10月16日までの期間、セブン&アイグループ各店舗をはじめ商業施設、空港や駅等に設置している全国26,000台以上のセブン銀行ATMにて行われるとのこと。

ユーザーはセブン銀行ATMの募金画面で「(NFT/donation)セブンイレブン記念財団への募金」を選択して募金を行い、それにより受け取った利用詳細票のQRコードを読み取ることでNFTを受け取れるとのこと。なお募金は1,000円以上1,000円単位で可能で、アートNFTは募金額に関わらず必ず配布されるという。

配布されるアートNFTは、現代美術家の窪田望氏制作による、環境貢献活動をコンセプトとした限定のデジタルアート作品が紐づいたもの。全4種類のアートNFTからランダムに1種類が選ばれるとのこと。なお同NFTは、社会貢献活動に参加した証として保有できる点も特徴の一つだという。

配布されるアートNFTについては、ソウルバンドトークン(SBT/Soul Bound Token)形式での発行となるとのこと。NFTの発行・受取はSUSHI TOP MARKETING(スシトップマーケティング)が、同社提供のNFT配布サービス「NFT top shot」を用いて行うという。NFTがミント(発行/鋳造)されるブロックチェーンは、日本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network)」だ。

ちなみにSBTとは、他のアカウントに移転・譲渡のできないNFTのこと。SBT化したものは二次流通不可の永久証明のような存在として扱われる。

なお今回のキャンペーンで集まった募金は、セブン‐イレブン記念財団を通じて環境をテーマとした社会貢献活動に活用される予定とのことだ。

関連ニュース

    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/Lidiia-Moor

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    髙橋知里

    「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
    同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
    同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

    「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
    同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
    同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

    合わせて読みたい記事

    【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

    ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ