推し活NFT、SUSHI TOP MARKETINGとDNPが提携

SUSHI TOP MARKETINGとDNPが提携

トークングラフマーケティングを実践するスシトップマーケティング(SUSHI TOP MARKETING)と、大日本印刷(DNP)が業務提携し、NFT活用のコンテンツビジネス創出に向け、共同研究を開発することが7月12日分かった。

発表によると、DNPの「リアルとバーチャル」、「デジタルとアナログ」、「モノづくりとサービス」といったハイブリッドな強みと、SUSHI TOP MARKETINGの「NFT配布」や「トークングラフマーケティング」のナレッジを掛け合わせて、アニメやマンガ、ゲーム等の知的財産(IP)を主な対象としたビジネスを創出するとのこと。

共同研究の第1弾は、ファンによる応援活動をブロックチェーン上に記録する「推し活NFT」のサービス開発に取り組むとのこと。「推し活NFT」は、「ソウルバウンドトークン(SBT)」を活用し、未来永劫無くならない推し活の記録となることを目指している。

SBTは、イーサリアム(Ethereum)創始者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が発表した譲渡不可なNFTだ。「ソウルバウンド=魂に縛られた」という言葉の通り、NFT取得者は他者に譲渡できないことを前提としている。

また今回の業務提携による取り組みとして、大人気クリエイター藤ちょこ氏と久賀フーナ氏による対談企画で、ファンによる応援活動をブロックチェーン上に記録するNFT施策を実施するという。なおこのNFT施策は、DNPのクリエイター共創サービス「ファンズプロジェクト(FUN’S PROJECT)」において実施されるとのことだ。

SUSHI TOP MARKETINGは、NFT配布サービス「NFT top shot」や、音でNFTを配信するソリューション「AUDIO TOKEN DISTRIBUTOR」を開発し販売する企業だ。またアスターネットワーク(Astar Network)設立の国内web3事業者を中心としたコンソーシアム組織「アスタージャパンラボ(Astar Japan Lab)」に入会している。

DNPは昨年、ブロックチェーンを活用した画像ライセンス(利用許諾)販売を行うビジネスモデル構築を目指した実証実験の実施や、NFT/3DCGマーケットプレイス「Pocket Collection(ポケットコレクション)」への出資。そしてブロックチェーン技術を活用し、バイオマスやリサイクル原料の管理・追跡(トレーサビリティ)や環境負荷の評価指標への対応を含めた、サプライチェーン構築について実証実験を行っている。

またDNPは今年1月に、アニメ・マンガ・ゲーム等の新しいIPを活かしたビジネス創出に向け、Gaudiy(ガウディ)と業務提携もしている。

関連ニュース

【取材】加藤ミリヤや松井秀喜がNFT活用へ、ナッジがクレカ特典の実証実施

アスター(ASTR)、国内web3事業者らとの「Astar Japan Lab」設立

DNPとガウディが提携、ブロックチェーン活用のコンテンツビジネスで

【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始

【取材】ガウディがweb3メタバース事業開発に25億円調達。バンダイナムコ、KDDI、SBIから

デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored