【取材】ガウディがweb3メタバース事業開発に25億円調達。バンダイナムコ、KDDI、SBIから

ガウディが25億円調達

web3ファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink(ガウディ ファンリンク)」提供のGaudiy(ガウディ)が、シリーズBラウンド・1stクローズで25億円の資金調達を実施したことが6月1日分かった。なお今回のラウンドにより累計調達額は28億円となったとのこと。

今回の資金調達ラウンドには、既存投資家のSTRIVEとJAFCOの他、新たにSBIインベストメント、KDDI、バンダイナムコエンターテインメントの3社が参加したとのこと。また2ndクローズによる追加調達も今年の夏に予定しているとのことだ。

Gaudiyは今回調達した資金を「国内外での人材採用」、「本格的なグローバル展開」、「コミュニティサービスの拡充」、「web3メタバース事業の開発」に利用し、「Gaudiy Fanlink」の拡充と新規事業開発を行うとのこと。そして日本が誇るエンタメ産業と、web3の技術領域を掛け合わせ、世界を代表する企業を目指すとしている。

またGaudiyは、今回の資金調達を記念して採用特設サイト「Change The Game」を公開している。GaudiyCEO⽯川裕也氏のnoteや、ゲストを招いた特別イベント、カジュアル面談、ブログなどGaudiyの理解が深まる特別コンテンツがまとまっているとのことだ。

ガウディ提供の「Gaudiy Fanlink」は、ファンの熱量を最大化するweb3時代のファンプラットフォームだ。NFTやDID(分散型アイデンティ)などのブロックチェーンを活用することで、IP(知的財産権)に紐づく横断的なファンの活動データを記録・蓄積し、ファンの熱量が正しく評価・還元されるエコシステム構築を目指している。

「Gaudiy Fanlink」はこれまで、ソニー・ミュージックエンタテインメント社や集英社、バンダイナムコエンターテインメント社、アニプレックス社などのエンタメ企業に導入されているとのことだ。

Gaudiyは今年1月、アニメ・マンガ・ゲーム等の新しい知的財産(IP)を活かしたビジネス創出を目指し、大日本印刷(DNP)と業務提携をしている他、昨年にはフジテレビ主宰のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF:ティフ)」にて、NFTとブロックチェーンを活用したコミュニティサービス「TIFコミュニティ」の提供、体験ミュージアム「『約束のネバーランド』GF(グレイス=フィールド)ハウス脱獄編」にて同作品の主人公「エマ」の限定NFTトレカを配布するなどの取り組みを行っている。

Gaudiy CEO ⽯川裕也氏のコメント

あたらしい経済編集部はGaudiyのCEOである⽯川裕也氏へ取材。以下のコメントを得た。

−−海外展開はどのような形でしていく予定でしょうか?

来年の春を目処に、ブロックチェーンゲームを活用するユーザーが急激に増えている東南アジアで、Gaudiy Fanlinkの展開を予定しています。数年内に、主要なWeb3事業者が利用するコミュニティーサービスとして、DiscordやTelegramを超えるようなプロダクトづくりを目指しています。また近日ファンドの組成も考えており、海外のWeb3を手がける企業への戦略的投資も行っていきたいと思います。

関連ニュース

DNPとガウディが提携、ブロックチェーン活用のコンテンツビジネスで

Gaudiy(ガウディ)がソニー・ミュージックエンタテインメントと業務提携

Gaudiy(ガウディ)とMantra(マントラ)がブロックチェーンを活用したマンガAI翻訳システムを共同開発

Gaudiy(ガウディ)が人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービス提供開始

フジテレビ主宰アイドルフェス「TIF」、GaudiyらのNFT活用コミュニティサービス採用

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored