フジテレビ主宰アイドルフェス「TIF」、GaudiyらのNFT活用コミュニティサービス採用

「TOKYO IDOL FESTIVAL」がNFTとブロックチェーン活用のコミュニティサービス採用

フジテレビ主宰のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF:ティフ)」で、NFTとブロックチェーンを活用したコミュニティサービス「TIFコミュニティ」が採用されることが9月28日分かった。TIFは10月1日から3日まで開催されるフェスで、AKBグループや坂道シリーズ、でんぱ組.inc、BiSHなど、その他多くのアイドルが出演する予定となっている。

そして今回のフェスで採用された「TIFコミュニティ」は、国内でブロックチェーンコミュニティサービスを展開する株式会社Gaudiy(ガウディ)とソニー・ミュージックエンタテインメントの協業により提供されるサービスだ。

具体的に「TIFコミュニティ」は、「TIFに集うアイドルとファンをつなぐ参加型コミュニティサービス」として、オンラインチケットの購入やライブ配信視聴に加え、イベントの情報収集、企画の発信や参加、アイドルグループごとのファンコミュニティの構築などができるという。

なおオンライン配信チケットはNFTにて提供されるとのことで、このNFTチケットの所有者はオンラインLIVEサイン会への参加権利が得られるとのことだ。

またアイドルの投票企画により決定した賞ごとに、記念のNFTも配布されるとのこと。このNFTは「TIFコミュニティ」におけるファン共創のガバナンス(投票権)としても活用されるとのことだ。

また「TIFコミュニティ」を通して、ファン活動の思い出や記録を保存し個人に紐づける分散型ID「TIF ID」の提供も行われるようだ。

Gaudiyは昨年10月より、週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービスの提供を行っており、7月17日から開催されている体験ミュージアム「『約束のネバーランド』GF(グレイス=フィールド)ハウス脱獄編」にて来場者限定のNFT配布も行っている。

「あたらしい経済」がGaudiyに取材をしたところ、今回の「TIFコミュニティ」で配布するNFTなどには『約束のネバーランド』の際と同様にエンタープライズ向けブロックチェーンである「Quorum(クオーラム)」のプライベートチェーンが採用されているとのこと。

また「TIFコミュニティ」で配布されたNFTは、現時点ではコミュニティ外のマーケットプレイスなどへ出庫ができないとのことだが、今後外部への出庫も対応するとのことだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」は代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。 なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

Gaudiy(ガウディ)がソニー・ミュージックエンタテインメントと業務提携

Gaudiy(ガウディ)とMantra(マントラ)がブロックチェーンを活用したマンガAI翻訳システムを共同開発

Gaudiy(ガウディ)が人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービス提供開始

【取材レポ】どんな限定NFTがもらえる?『約束のネバーランド』体験ミュージアムに潜入

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した