『約束のネバーランド』の体験ミュージアム、来場者限定のNFT配布

『約束のネバーランド』の体験ミュージアム、来場者限定のNFT配布

株式会社Gaudiy(ガウディ)が7月17日から12月30日まで開催される体験ミュージアム『約束のネバーランド』GF(グレイス=フィールド)ハウス脱獄編にて、来場者限定のNFTを配布することを7月8日に発表した。オフライン会場において、QRコード読み取りによるNFTの受け取りは国内初の取り組みとなるとのこと。

今回の取り組みは集英社とGaudiyの共同プロジェクトである、約束のネバーランド公式のファンコミュニティサービス『みんなのネバーランド』のもと立てられた企画であり、コミュニティ参加者がミュージアムに来場したり、SNSキャンペーンに参加することでコミュニティ内にて無料でNFTを受け取れるとのことだ。

今回のキャンペーンで提供されるファン体験として、(1)ミュージアムへ来場し会場のQRコードを読み取ることで、同作品の主人公「エマ」の限定NFTトレカがもらえる。(2)同時開催のSNSキャンペーンへの参加で、同じく同作品の登場人物「ノーマン」と「レイ」の2枚の限定NFTトレカがもらえる。(3)両方参加すると、コンプリートを証明する限定NFTがもらえる。とのことだ。

また(3)のコンプリートを証明する限定NFTを保有するファンは、コミュニティ内で限定デジタルイラスト集を閲覧でき、またイベント期間終了後には、ミュージアムの記念動画コンテンツを視聴できるようになるとのこと。

さらにコミュニティ内で受け取ったNFTは、イベント期間終了後にパブリックチェーン上のNFTに書き出すことも可能で、そのチェーンはイーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、フロウ(Flow)などからの選択できるようになることを予定しているとのことだ。なおガス代はユーザー負担となる。

関連ニュース

Gaudiy(ガウディ)が人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービス提供開始 

参考:PRタイムス

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored