『約束のネバーランド』の体験ミュージアム、来場者限定のNFT配布

『約束のネバーランド』の体験ミュージアム、来場者限定のNFT配布

株式会社Gaudiy(ガウディ)が7月17日から12月30日まで開催される体験ミュージアム『約束のネバーランド』GF(グレイス=フィールド)ハウス脱獄編にて、来場者限定のNFTを配布することを7月8日に発表した。オフライン会場において、QRコード読み取りによるNFTの受け取りは国内初の取り組みとなるとのこと。

今回の取り組みは集英社とGaudiyの共同プロジェクトである、約束のネバーランド公式のファンコミュニティサービス『みんなのネバーランド』のもと立てられた企画であり、コミュニティ参加者がミュージアムに来場したり、SNSキャンペーンに参加することでコミュニティ内にて無料でNFTを受け取れるとのことだ。

今回のキャンペーンで提供されるファン体験として、(1)ミュージアムへ来場し会場のQRコードを読み取ることで、同作品の主人公「エマ」の限定NFTトレカがもらえる。(2)同時開催のSNSキャンペーンへの参加で、同じく同作品の登場人物「ノーマン」と「レイ」の2枚の限定NFTトレカがもらえる。(3)両方参加すると、コンプリートを証明する限定NFTがもらえる。とのことだ。

また(3)のコンプリートを証明する限定NFTを保有するファンは、コミュニティ内で限定デジタルイラスト集を閲覧でき、またイベント期間終了後には、ミュージアムの記念動画コンテンツを視聴できるようになるとのこと。

さらにコミュニティ内で受け取ったNFTは、イベント期間終了後にパブリックチェーン上のNFTに書き出すことも可能で、そのチェーンはイーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、フロウ(Flow)などからの選択できるようになることを予定しているとのことだ。なおガス代はユーザー負担となる。

関連ニュース

Gaudiy(ガウディ)が人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービス提供開始 

参考:PRタイムス

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ