中国深セン、 5.7億円相当のデジタル人民元を市民に抽選配布

中国深セン市が5.7億円相当のデジタル人民元を抽選で配布

中国の広東省深圳市で、市民を対象に3000万人民元(約5.7億円)相当のデジタル人民元の抽選配布が5月30日に開始されたことが分かった。この取り組みは深圳市民の消費活性化と企業支援のために実施されるとのこと。

なお深圳市はデジタル人民元の試験運用を行った最初の4都市のうちの1つである。他の3都市は江蘇省蘇州市、河北省雄安新区、四川省成都市がある。

深圳市の発表によると、抽選はライフスタイルアプリであるメイトゥアン(Meituan)にて行われるとのことだ。当選者は88人民元(約1686円)、100人民元(約1916円)、128人民元(約2453円)相当のデジタル人民元を受け取ることが出来る。受け取りについては、アプリ上でデジタルの赤い封筒を開封することで当選金額が分かる仕組みだ。また「はずれ」となる場合もあるようだ。

なお抽選については、5月30日の10:00からと6月9日10:00からの2回実施され、1人で2回とも参加が可能だ。抽選にエントリーしたその場で当選結果が分かるとのことだ。

配布されたデジタル人民元はメイトゥアンのアプリ内で利用できる。またデジタル人民元の引き受け機能を持つ深圳市の15,000軒以上のオフライン加盟店で利用できるとのことだ。

なおデジタル人民元の配布が行われているのは深圳だけではない。5月27日に広東省广州市南沙区では1,000万人民元(約2億円)。5月29日に河北省雄安新区では5000万人民元(約9.5億円)相当のデジタル人民元が同じような抽選による仕組みで配布されている。

2020年後半から、デジタル人民元発行に向けた実証実験や経済回復のためのデジタル人民元配布、デジタル人民元を使用した取引は2021年末時点で合計876億人民元(約1.6兆円)となっており、2億6,100万人の個人がデジタル人民元のウォレットを開設したとのことだ。

関連ニュース

歩いて稼げるSTEPN、中国でサービス提供停止へ

中国政府機関、ブロックチェーン導入を目的とした多数のパイロットプロジェクト実施へ

中国デジタル人民元、テンセント「WeChat Pay」に対応か=報道

北京地下鉄、中国デジタル人民元を決済手段として本格稼働

米下院で約173兆円の予算案可決、中国デジタル人民元やランサムウェア関連条項も

参考:深圳政府
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Molnia・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored