北京地下鉄、中国デジタル人民元を決済手段として本格稼働

北京地下鉄、中国デジタル人民元を決済手段として本格稼働

中国の北京地下鉄が、同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタル人民元(e-CNY)を決済手段として本格的に稼働したことをTheBlockが8月4日報じた。

北京地下鉄ではデジタル人民元での決済を、地下鉄アプリ「Yitongxing」にて利用できるようにするテストを7月より全24路線428駅にて開始していた。

報道によると今回のアップグレードによりデジタル人民元を「Yitongxing」での利用の他、物理的な交通カードへのチャージやオンラインまたはオフラインでの切符購入での利用が可能となったという。

またこれにより北京の地下鉄駅構内の券売機では、現金、WeChat Pay、AliPayに加えてデジタル人民元での支払い方法が選択できるようになったとのことだ。

参考:TheBlock
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Matheus-Obst

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論