メルコイン、Bassetの全株式取得

株式会社メルコインがブロックチェーン分析ツール提供の株式会社Basset(バセット)の全株式を取得したことを8月5日に発表した。

なお株式譲渡は2021年7月2日に完了しており、すでにメルカリグループに参画しているとのこと。なお取引金額に関して現在は開示されていない。

バセットがメルカリグループに参画した理由は、バッセトによるリスク管理力とコンプライアンスの推進力をメルコインのサービス企画と開発力に融合させる狙いがあるからとのことだ。

バセットはこれまでに暗号資産(仮想通貨)関連で多くのリスク評価や分析サービスを発表しており、2020年12月には分散型金融(DeFi)のリスク評価サービスをスタートさせている。

編集部のコメント

バセットは規制に準拠した形でサービス提供することに長けている企業です。

各国で暗号資産(仮想通貨)関連のサービスプロバイダーへの規制対応が要される現状なので、迅速かつ安全性が求められる暗号資産業界において、重要なM&Aとなるのではないでしょうか。

関連ニュース

バセット創業者兼CEOの竹井悠人氏のコメント追記)日本のRegTech企業バセット(Basset )が分散型金融領域のリスク評価サービスをスタート

参考:メルコイン
images:iStocks/Rawpixel
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored