大阪万博のデジタルウォレットにハッシュポートが協賛、モバイルアプリ等提供へ

ハッシュポートが大阪万博のweb3サービス支援

ブロックチェーン関連事業を行うHashPort(ハッシュポート)が、2025年開催予定の「日本国際博覧会(大阪・関西万博)」で展開されるデジタルウォレット「EXPO 2025 デジタルウォレット」に協賛することを7月18日発表した。

この協賛によりHashPortは、「EXPO 2025 デジタルウォレット」のモバイルアプリサービス等を提供するという。

なお大阪・関西万博では全面キャッシュレス決済が導入されるとのこと。キャッシュレス決済の導入は国際博覧会としては初の試みとなるとのことだ。

発表によれば「EXPO 2025 デジタルウォレット」は、他の協賛金融機関が提供する大阪・関西万博独自の電子マネー・ポイント・ステータスサービス・NFTの各金融サービスのゲートウェイとなるモバイルアプリになるとのこと。AndroindおよびiOS 版の提供が想定されているという。

また「EXPO 2025 デジタルウォレット」アプリには「ウォレットID基盤」、「SBTデジタルパスポート」、「Web3用ウォレット」の3つの事業連携サービスが含まれるという。

「ウォレットID基盤」は、単一のIDで大阪・関西万博独自の各金融サービス・連携サービスへの登録・ログインができるID基盤を提供するという。

「SBTデジタルパスポート」では、SBT(ソウルバンドトークン)を活用してパビリオンや機運醸成パートナーと「EXPO 2025 デジタルウォレット」が連携する際の基盤の提供するとのこと。なおSBTとは「他のアカウントに移転・譲渡のできないNFT」であり、SBT化したものは二次流通不可の永久証明のような存在として扱われる。

そして「Web3用ウォレット」は、SBTやパビリオン連携や外部事業者連携で発行されたNFTを保管するためのウォレットとのことだ。

なお「SBTデジタルパスポート」と「Web3用ウォレット」の基盤にはHashPort提供のパレットチェーン(Palette Chain)を主要な利用チェーンとして想定しているという。同チェーンは、独自の設計により、ユーザー手数料の「ガス代」がかからない仕組みになっている。

HashPortは声明にて、「2018年よりブロックチェーン領域に取り組んできたHashPortと、その100%子会社であるHashPalette(NFT・SBT基盤提供企業)及びHashBank(Web3用ウォレット基盤提供企業)の技術力を結集し、2,820万人が想定されている大阪・関西万博来場者様に対して、会場内外でのシームレスなWeb3体験を提供します」と述べている。

なお大阪・関西万博で活用される「キャッシュレス決済システム及びデジタル地域通貨サービス」運営事業者へは、SBIグループ、SMBCグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、りそなグループが選定されたと昨年9月発表されている。

関連ニュース

    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/NeoLeo

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    髙橋知里

    「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
    同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
    同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

    「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
    同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
    同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

    合わせて読みたい記事

    【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

    アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

    【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

    国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

    Sponsored