国会議員初!平将明議員がSBT配布、eKYCで自民党員申込み者に1000個限定、ポリゴンで

平将明衆議院議員が自民党員申込み者にSBT配布

自民党Web3プロジェクトチーム座長・平将明衆議院議員が、応援団会員証となるSBTの配付を実施することが分かった。本取組をサポートする、ブロックチェーン戦略政策研究所が6月23日発表した。

SBT(Soul Bound Token)とは、ブロックチェーン技術を活用して発行できる代替不可能なトークン形式の1つ。なお同じく代替不可能なトークンであるNFT(Non Fungible Token)と違い、そのトークンを受け取り後、他のアドレスなどに移転できないことが特徴だ。

平議員は現在、自民党員の入党手続きにeKYCを導入する実証実験を実施中だ。そして今回eKYCでの党員申込み者に対し、平議員のキャラクタ「タイラくん」の SBTを配付するとのことだ。ブロックチェーン戦略政策研究所によると、自分の応援団会員に対してSBTを会員証として発行するのは、日本の国会議員では初となる試みとなるという。

平将明議員公式サイトに掲載されたサンプル画像

このSBTは、IndieSquare提供のNFTの発行やDAO(分散型組織)を生成できるweb3プラットフォーム「HAZAMA BASE」を利用して発行されるとのこと。また編集部や取材したところによると、SBTが発行されるブロックチェーンは、ポリゴン(Polygon/MATIC)だという。

「タイラくんSBT」は1000個限定で、先着順で配布される。なおSBTの発行に必要なガス代は不要となっている。また今回配付されたSBT保有者限定のイベントが、今年9月に開催される予定とのことだ。

なおeKYCによる自民党員申込は、東京都在住者に限定されている。また自民党員の申し込み手続きには、審査から党員証発行まで最短1週間、通常2週間の期間が必要になるとのことだ。配布期間は本日から7月31日(月)までとなっている。

「タイラくんSBT」が取得できるeKYCによる自民党員申込は、平将明衆議院議員の公式サイトで受付が開始されている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース/記事

参考:ブロックチェーン戦略政策研究所 /  平将明衆議院議員の公式サイト

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ