ビットコインがマルチアセットネットワークに、「Taproot Assets」公開でステーブルコイン発行も可能に

Lightning Labsが「Taproot Assets」を公開

ビットコイン(Bitcoin)のライトニングネットワーク(Lightning Network:LN)を開発するライトニングラボ(Lightning Labs)が、ビットコインブロックチェーン上で様々な資産を発行可能にする「タップルート・アセッツ(Taproot Assets)」を10月18日に発表した。

「タップルート・アセッツ」は以前、「Taro」という名称で開発が進められていたプロトコル。ビットコイン上でステーブルコインや金の価値に紐づいた資産などを発行・管理できるようにするという。なお現在同プロトコルはメインネットアルファ版であり、すでに利用が可能になっている。

ライトニングラボのブログによると、ライトニングネットワークの開発ディレクターであるライアン・ゲントリー(Ryan Gentry)氏は、今後の「タップルート・アセッツ」の最終目標はライトニングネットワークを様々な資産を取引できる「マルチアセットネットワーク」にすることであるとしており、同氏は「国境のない金融世界のユーザーにステーブルコインのサポートを提供することを目指しています」と述べている。

ビットコインネットワークでは現在、ビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコル「ビットコインオーディナルズ(Bitcoin Ordinals)」で代替可能トークンが発行され、取引が行われている。

これにより取引数が大幅に増加し、取引手数料が急上昇し取引にかかる時間が大きく増加してしまうなどの問題が起き、賛否両論が生じている。

しかし「タップルート・アセッツ」では、ビットコインブロックチェーンでのトランザクションはミント(発行・鋳造)する1回のみ行う必要があるだけで、取引やデータの保存はすべてオフチェーンで行われているため上記のような問題は起こりづらいとのことだ。

ライトニングネットワークは、ビットコインブロックチェーンのオフチェーン・スケーリングソリューション。ブロックチェーンの外で取引を行うオフチェーン取引により、BTCの決済速度の向上や少額決済(マイクロペイメント)、安価な送金手数料を実現する技術である。

ライトニングラボは今年7月ビットコインおよびライトニングネットワークを用いた支払い技術を組み込んだAIプロダクト開発ツール「ラングチェーンビットコイン(LangChainBitcoin)」をリリースしており、ビットコインの利用用途の拡大に力を入れている。

関連ニュース

参考:ライトニングラボブログ
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored