トロン(TRX)のジャスティンサン、米ドルステーブルコイン「USDD」発行へ

トロンベースの分散型ステーブルコイン「USDD」発行へ

トロン:TRON(TRX)ベースの米ドルペッグステーブルコイン「USDD(Decentralized USD)」が5月5日に発行されることが分かった。

トロンの創設者ジャスティン・サン(Justin Sun)氏が4月21日に「USDD」の発行・流通の計画を発表した。

その発表によると「USDD」は、発行プロセスをブロックチェーン上で行う非中央集権・分散型のステーブルコインとのこと。USDTやUSDCのように償還・管理・保管を中央機関に依存しない暗号資産(仮想通貨)となるようだ。

「USDD」はアルゴリズムにより1USDDを1米ドルの価値を維持するという。「USDD」は原資産としてTRXにペッグされており、「USDD」の価格が1ドルより低くなった場合、ドルをシステムへ送り1ドル分のTRXを引き出す。反対に「USDD」の価格が1ドルより高くなった場合は、1ドル分のTRXをシステムへ送り1ドルを引き出す。この仕組みで価格維持を行うとのことだ。

また「USDD」はBTTCクロスチェーンプロトコルによって、トロンネットワーク以外に、イーサリアムやBNBチェーンでも利用できるようにする予定とのことだ。

関連ニュース

米ドルステーブルコインUSDC、トロン(TRX)のブロックチェーンにも対応

【取材】ビットポイントが暗号資産トロン(TRX)の取り扱い開始へ(代表取締役社長 小田玄紀氏へインタビュー)

ジャスティン・サンがビープルのNFTアートを落札

日本円ステーブルコイン「JPYC」、アスター(ASTR)対応

ステーブルコインをビットコインライトニングで、Lightning Labsが「Taro」発表

参考:Justin Sun
デザイン:一本寿和
images:iStock/Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。