トロン(TRX)のジャスティンサン、米ドルステーブルコイン「USDD」発行へ

トロンベースの分散型ステーブルコイン「USDD」発行へ

トロン:TRON(TRX)ベースの米ドルペッグステーブルコイン「USDD(Decentralized USD)」が5月5日に発行されることが分かった。

トロンの創設者ジャスティン・サン(Justin Sun)氏が4月21日に「USDD」の発行・流通の計画を発表した。

その発表によると「USDD」は、発行プロセスをブロックチェーン上で行う非中央集権・分散型のステーブルコインとのこと。USDTやUSDCのように償還・管理・保管を中央機関に依存しない暗号資産(仮想通貨)となるようだ。

「USDD」はアルゴリズムにより1USDDを1米ドルの価値を維持するという。「USDD」は原資産としてTRXにペッグされており、「USDD」の価格が1ドルより低くなった場合、ドルをシステムへ送り1ドル分のTRXを引き出す。反対に「USDD」の価格が1ドルより高くなった場合は、1ドル分のTRXをシステムへ送り1ドルを引き出す。この仕組みで価格維持を行うとのことだ。

また「USDD」はBTTCクロスチェーンプロトコルによって、トロンネットワーク以外に、イーサリアムやBNBチェーンでも利用できるようにする予定とのことだ。

関連ニュース

米ドルステーブルコインUSDC、トロン(TRX)のブロックチェーンにも対応

【取材】ビットポイントが暗号資産トロン(TRX)の取り扱い開始へ(代表取締役社長 小田玄紀氏へインタビュー)

ジャスティン・サンがビープルのNFTアートを落札

日本円ステーブルコイン「JPYC」、アスター(ASTR)対応

ステーブルコインをビットコインライトニングで、Lightning Labsが「Taro」発表

参考:Justin Sun
デザイン:一本寿和
images:iStock/Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored