NEAR基盤DeFi「Bastion」が約11億円調達、BSTNも発行

Bastionが約11億円調達、トークンBSTNも発行

NEAR Protocol(ニアプロトコル)基盤の分散型金融(DeFi)プロトコル「バスティオン(Bastion)」が、シリーズAの資金調達ラウンドで約11億円(900万ドル)を調達したことが4月21日分かった。

バスティオンは、ニアプロトコル上に構築された、DeFiレンディングプラットフォームだ。先月のローンチ以来、TVL(Total Value Locked/資産の総ロック量)は約790億円(6.2億2ドル)に達しているという。

この資金調達ラウンドは、スリー・アローズ・キャピタル(Three Arrows Capital)主導の元、FTX Ventures、ジャンプ・クリプト(Jump Crypto)、ジェーン・ストリート(Jane Street)、クリプトドットコム・キャピタル(Crypto.com Capital)、スパルタン・グループ(Spartan Group)、CMSが参加したとのこと。

なお調達した資金は、エンジニアリング、ビジネス開発、マーケティング、プロダクトといった各分野の拡大に充てるとしている。

またバスティオンは、ガバナンストークンBSTNのローンチを併せて発表している。ニアプロトコルのオーロラ(Aurora)に基づいて構築された分散型取引所(DEX)トリソラリス(Trisolaris)で、21日より取引開始されている。

なおバスティオンは先月、パラファイキャピタル(ParaFi Capital)主導の元、デジタルカレンシーグループ(Digital Currency Group)やクリプトドットコム(Crypto.com)より資金調達を実施している。

関連ニュース

FTX、「Near Protocol(NEAR)」現物取扱へ

【動画解説】NEAR Protocol(NEAR)とは?

NEAR Protocolが約433億円調達、タイガーグローバルやFTXらから

参考:Bastion
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisGorgio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored