NEAR基盤DeFi「Bastion」が約11億円調達、BSTNも発行

Bastionが約11億円調達、トークンBSTNも発行

NEAR Protocol(ニアプロトコル)基盤の分散型金融(DeFi)プロトコル「バスティオン(Bastion)」が、シリーズAの資金調達ラウンドで約11億円(900万ドル)を調達したことが4月21日分かった。

バスティオンは、ニアプロトコル上に構築された、DeFiレンディングプラットフォームだ。先月のローンチ以来、TVL(Total Value Locked/資産の総ロック量)は約790億円(6.2億2ドル)に達しているという。

この資金調達ラウンドは、スリー・アローズ・キャピタル(Three Arrows Capital)主導の元、FTX Ventures、ジャンプ・クリプト(Jump Crypto)、ジェーン・ストリート(Jane Street)、クリプトドットコム・キャピタル(Crypto.com Capital)、スパルタン・グループ(Spartan Group)、CMSが参加したとのこと。

なお調達した資金は、エンジニアリング、ビジネス開発、マーケティング、プロダクトといった各分野の拡大に充てるとしている。

またバスティオンは、ガバナンストークンBSTNのローンチを併せて発表している。ニアプロトコルのオーロラ(Aurora)に基づいて構築された分散型取引所(DEX)トリソラリス(Trisolaris)で、21日より取引開始されている。

なおバスティオンは先月、パラファイキャピタル(ParaFi Capital)主導の元、デジタルカレンシーグループ(Digital Currency Group)やクリプトドットコム(Crypto.com)より資金調達を実施している。

関連ニュース

FTX、「Near Protocol(NEAR)」現物取扱へ

【動画解説】NEAR Protocol(NEAR)とは?

NEAR Protocolが約433億円調達、タイガーグローバルやFTXらから

参考:Bastion
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisGorgio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察