Polkadotエコシステムのコミュニティ「PolkaWorld」、資金提供を拒否され運営停止へ

PolkaWorldが資金提供を拒否され運営停止へ

ポルカドット(Polkadot)エコシステムのコミュニティである「ポルカワールド(PolkaWorld)」が、ポルカドットのトレジャリー(財務)に対する資金提供の提案が否決されたことで運営の停止を余儀なくされたと9月15日に発表した。

「ポルカワールド」はX(旧ツイッター)にて、ポルカドットが6月に実装した新たなガバナンスプラットフォーム「OpenGov」の構造について批判をしており、同ガバナンスプラットフォームの登場以来、多くの人がポルカドットのエコシステムから離脱していると述べた。

「OpenGov」は、ガバナンスをより分散化して民主的にすると同時にトレジャリーをより効率的かつ透明にするために、すべてのガバナンストークン所有者がガバナンスに参加できる仕組みを採用している。

なおこれまでのガバナンスシステムでは、トークンの保有者が選出した評議会によってガバナンスが行われており、特定の分野に精通した専門家によって提案が評価されてきたという。

「ポルカワールド」によると「OpenGov」では、トレジャリーの資金を売却することを有害であると考えるユーザーが、トレジャリーからの資金提供を要請する提案に反対票を投じることにより、多くのポルカドットエコシステムへの貢献者が適切な資金提供を受けられずエコシステムから離脱しているとのことだ。

また全てのトークン保有者に対して、トレジャリーからの資金提供がエコシステムを活性化させ、豊かにすることを認識するべきであると「ポルカワールド」は述べている。

ポルカドットのエコシステムに企業を誘致するためのプラットフォーム「ブラッシュファム(Brushfam)」の創業者であるマルキアン・イワニチョク(Markian Ivanichok)氏も、資金調達がますます困難になっていると述べ、同プラットフォームのポルカドットエコシステム撤退を発表している。

また同氏は「ユーザーや商習慣、製品のマーケティングを気にしないエコシステムでは自分たちの仕事を評価してもらうことは不可能だ」と主張し、ポルカドット現在の体制を批判している。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した