「レイヤーゼロ」にグーグルクラウド・オラクル導入、チェーン間の全メッセージングが検証可能に

LayerZeroにグーグルクラウド・オラクル導入

クロスチェーンメッセージングプロトコル「レイヤーゼロ(LayerZero)」開発のレイヤーゼロラボ(LayerZero Labs)が、同プロトコル上のメッセージを保護する為に、グーグルクラウド(Google Cloud)と連携したことを9月12日発表した。

この連携により、チェーン間のメッセージングを保護する為のデフォルトの検証ツールとして、「レイヤーゼロ」上にグーグルクラウド・オラクル( Google Cloud oracle)が導入され、「レイヤーゼロ」上の全てのメッセージングを検証可能になったとのこと。

グーグルクラウド・オラクルは、クロスチェーンメッセージングのhttpsとして機能することを目的としており、ウェブサイトの正当性を証明する為に全てのhttps証明書を検証するのと同様に、「レイヤーゼロ」上のメッセージングを検証するという。

なお現在グーグルクラウド・オラクルは全ての「レイヤーゼロ」アプリケーションで利用可能となっており、今月19日より「レイヤーゼロ」上でデフォルトとして設定される予定とのこと。

またグーグルクラウド・オラクルでは、イーサリアム(Ethereum)やアービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)、ポリゴン(Polygon)、BNBチェーン、アバランチ(Avalanche)など15のチェーンのメッセージングを検証しているという。

さらに「レイヤーゼロ」は、クラウドベースのブロックチェーンノードホスティング(運用)サービス「ブロックチェーン・ノード・エンジン(Blockchain Node Engine)」をコアプロバイダとして利用し、毎月400億件を超えるリモートプロシージャコール(RPC)を処理できるようにシステムを拡張したとのこと。

なお「ブロックチェーン・ノード・エンジン」は、昨年10月よりグーグルクラウド(Google Cloud)が提供しているサービスで、ノード運用がグーグルクラウド上で行える。同サービスでは、ノードの管理や更新をグーグルクラウド側が担うことにより、利用者は必要最小限の負担でノードの導入・運用ができるとのことだ。

レイヤーゼロとは

「レイヤーゼロ」は、セキュリティを損なうことなく、ブロックチェーン間でのデータや資産、情報の転送などをシームレスにする相互運用性プロトコルで、毎月約1,000万件のメッセージを処理しているという。

「レイヤーゼロ」では「オムニチェーン相互運用プロトコル(Omnichain’ Protocol)」により、トークンやスマートコントラクトの複数のブロックチェーン間での相互運用を可能にするなど、シームレスなクロスチェーンメッセージングを促進するインフラを提供している。

開発者は「レイヤーゼロ」を利用することで、異なるブロックチェーン同士を介するための通信を行う仲介者を必要とせずに、複数のブロックチェーンにまたいだプロジェクトを構築できる。

現在「レイヤーゼロ」は、イーサリアム(Ethereum)、アバランチ(Avalanche)、BNBチェーン(BNBチェーン)、ポリゴン(Polygon)、アービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)、アプトス(Aptos)などのブロックチェーンに対応している。

関連ニュース

参考:レイヤーゼロ・プレスリリース
images:iStocks/metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored