英HSBCが米デジタル資産カストディFireblocksと提携か=報道

すでに協業開始か

英ロンドンに本社を置く大手銀行HSBCが、デジタル資産カストディの米ファイヤーブロックス(Fireblocks)と協業を始めたようだ。米コインデスク(CoinDesk)が情報筋の話として、9月13日報じた。

ただしHSBCはコインデスクからのコメント要請に対し、発表時間までに応じず、ファイヤーブロックスはコメントを拒否したため、具体的な取り組み内容などは明らかになっていないと報道されている。

ファイヤーブロックスは、ブロックチェーン技術を利用したデジタル資産のセキュリティ・管理ソリューションを提供するイスラエル発の企業だ。

2021年3月にファイヤーブロックスは、BNYメロン(BNY Mellon)による出資を受け、同社のカストディ・テクノロジー・プロバイダーとなった。

またファイヤーブロックスは昨年7月、フランス・パリに拠点を置く欧州のメガバンクBNPバリパの子会社BNPバリパ証券サービス(BNP Paribas Securities Services)とも提携している。

昨年4月には米ナスダック上場の金融サービスプロバイダーFIS(Fidelity National Information Services)と提携していた。

またHSBCの香港支店であるHSBC香港は6月、香港ユーザーにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の上場投資信託(ETF)を提供開始している。

関連ニュース

参考:コインデスク
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Moussa81

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資