米デジタル資産カストディFireblocksがBNY Mellonらから約145億円の資金調達

FireblocksがBNY Mellonらから約145億円の資金調達

デジタル資産カストディのファイヤーブロックス(Fireblocks)がCoatue、Ribbit、Stripesが主導し、BNY MellonとSVB Capitalが戦略的投資を行うシリーズC資金調達ラウンドで、約145億円(1億3,300万ドル)を調達したことを発表した。

今回の資金調達により、ファイヤーブロックスはこれまでに累計約200億円(1億7,900万ドル)を調達し、業界で最も資金力のあるデジタル資産関連のカストディ企業にとなったようだ。

リリースで「Fireblocksが2018年に最初に始まったとき、Galaxy DigitalとGenesis Global Trading(DCG)私たちの最も初期の採用者の一つでした。それ以来、私たちは長い道のりを歩んできました。この3年間で、私たちは200人以上のお客様の数百万のウォレットを確保し、約44兆円(4,000億ドル)のデジタル資産を送金し、業界で最も吟味されたソリューションとなっています」と説明している。

さらにリリースで「BTCの時価総額が1兆ドルを突破したことで、デジタル資産や暗号へのハイレベルな移行が世界中で本格化していることがこれまで以上に明らかになってきました。

このような変化の中で、銀行やフィンテックは、デジタル資産の商品やサービスを可能にするために、顧客や投資家からの圧倒的な要求に直面しています。モルガン・スタンレーのような銀行が暗号資産への支持を表明し続ける中、あらゆる規模の金融機関が業界とともに進化することが求められています」とも説明している。

ファイヤーブロックスのCEOであるマイケル・シャウロフ氏は「フィンテックや銀行は、顧客の資金を安全に管理するための専門的な保管・決済インフラだけでなく、新たなデジタルサービスを可能にするプラットフォームを必要としています。当社は銀行になる予定はありませんが、当社のインフラは全く新しい時代の金融サービスに最適であると信じています。

彼らの財政的な支援は、長期的な安定性、技術的な優位性、そして指数関数的に増加する顧客ベースへのサービス提供を保証するものです」とコメントしている。

BNY Mellon銀行のアセット・サービシング担当チーフ・エグゼクティブ・オフィサー兼デジタル部門責任者であるローマン・リーガルマン氏は「デジタル資産と伝統的な資産の橋渡しをする製品を開発することは、カストディの未来にとって基盤となるものです。

膨大なデューデリジェンスと市場調査の結果、ファイヤーブロックスは、デジタルアセットサービスをサポートする安全な技術を提供するマーケットリーダーであると認識しています」とコメントしている。

編集部のコメント

アメリカBNY Mellon銀行はビットコインのカストディーサービスを2021年中に開始することを発表しています。先日、BNY Mellonのカストディ業務はファイヤーブロックスが担うと発表されていました。

このようにこれまでBNY Mellonとファイヤーブロックスは連携を進めてきていて、BNY Mellonが出資する形に至ったのだと思います。

またファイヤーブロックスはフェイスブックらが開発するステーブルコインDiem関連のカストディも行っていることが明らかになっています。

記事:【取材】フェイスブックのディエム(Diem)を選んだ理由(ファーストダグCEO ラン・ゴルディ/First DAG Ran Goldi) 

参考:$133M Series C: Fireblocks is here for the long run

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)
(images:iStocks/kentoh・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored