【取材】フェイスブックのディエム(Diem)を選んだ理由(ファーストダグCEO ラン・ゴルディ/First DAG Ran Goldi)

First DAGのDiemに対応したソリューション

イスラエルの決済スタートアップであるファースト・ダグ(First DAG)が、同社の小売加盟店がフェイスブックらが開発するステーブルコイン「ディエム(Diem)旧:リブラ(Libra)」を利用できるためのソリューションを構築したことを2月16日に発表した。このソリューションは、アメリカのデジタル資産カストディ企業のファイヤーブロックス(Fireblocks)と共に構築したものだ。

具体的なソリューションのツールとして、API連携のためのツール「The First API Toolkit For Diem」や与信確認、AML審査、ドルとディエムの交換、ディエム・ブロックチェーンとの接続の機能を提供する「First’s Platform」などが明らかになっている。

あたらしい経済編集部は、ファースト・ダグ(First DAG)のCEO ラン・ゴルディ(Ran Goldi)氏へ取材を行った。回答は日本語と英語で記載する。

ファースト・ダグのCEO ラン・ゴルディ氏へ取材

−様々なステーブルコインのプロジェクトが展開されている中で、なぜディエムのソリューションを開発したのですか?

ラン・ゴルディ:ブロックチェーン業界での3年半の経験の中で、私たちは常にブロックチェーンとデジタル通貨を主流の市場にもたらすことに焦点を当ててきました。

数多くのワークショップを通じて、デジタル通貨が最終的にユーザーの手に渡るようにするために、消費者向けの企業が多大な努力をしていることに気付きました。

同時に、これらの通貨を使ってサービスの支払いを受けようとしている商人やベンダーにはあまり注目されていないことにも気付きました。

これらの取引に関与しているベンダーや加盟店に目を配りながら、私たちは、決済サービスプロバイダ(PSP)、アクワイアラー、eウォレットなどが支払いを受け入れ、保管用ウォレットを維持することで、デェエムのエコシステムに参加できるように支援するプラットフォームを構築することにしました。

世界中には何百万もの加盟店があり、すでにPSPやアクワイアラーと提携して支払いを受け付けています。私たちの使命は、これらの加盟店が支払いを受け入れる方法を提供できるように、プラットフォームを提供することです。

私たちの確固たる信念は、ステーブルコインとCBDCが決済の次のステップであるということです。

そのため、ディエム(旧:Libra)への参入を決めました。Diem協会との最初の話し合いでは、新しい決済システムをどのように構想しているかを話し合いました。

私たちはFacebookの主要なソーシャルメディアプラットフォームを利用した大規模なリーチにより、デジタル通貨が大衆に採用される最高のチャンスだと考えました。つまりそれはFacebook、Instagram、WhatsAppという主要なソーシャルメディアプラットフォームを利用したFacebookの大規模なリーチによるものです。

英語原文

−With various stablecoin projects being developed, why did you develop a solution for Diem?

Ran Goldi:In our 3.5 year tenure in the blockchain industry, our focus has always been to bring blockchain and digital currencies to the mainstream market.

Through our numerous workshops with association members, we came to realize the enormous efforts made by consumer-facing companies to ensure that these currencies finally come into the hands of the user.

At the same time, we realized there isn’t much focus on the merchants and vendors who will be accepting the payment for their services through these currencies.
 
With a lookout for the vendors and merchants involved in these transactions, we decided to build a platform that helps PSPs, acquirers, e-wallets, and more to participate in the Diem ecosystem by accepting payments and maintaining a custodial wallet.

There are millions of merchants worldwide who already have a PSP or acquirer they work with that allows them to accept payments. Our mission is to give them a platform so they can offer their merchants a way to accept payments.
 
Our firm belief is that stablecoins and CBDCs are the next steps in payments.

This is why we decided to get into Diem (formerly Libra). In our initial talks with the Diem Association, we discussed how we envision a new payments system.

We saw Diem as the best chance for a digital currency to be adopted by the masses due to Facebook’s massive reach using its flagship social media platforms: Facebook, Instagram, and WhatsApp.

関連リンク

→First DAG

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。

本のゲラがNFT、山口周ベストセラー『ビジネスの未来』の裏側が限られた読者の手へ

今年の4月、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の情報が飛び込んできた。そしてユニマのローンチ後にNFTとして販売されるコンテンツの中に、『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』という書名、そしてその著者である山口周氏の名前があった。なお当時の発表では、企画詳細については「出版社と実施に向け協議中」となっており明かされていなかった。

Sponsored

【取材】職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?(博報堂広報室)

株式会社博報堂と株式会社博報堂コンサルティングが、日本ユニシス株式会社と共同で、職場コミュニティの活性化支援アプリサービス「PRAISE CARD(プレイズ カード)」を開発を8月23日発表した。 「PRAISE CARD」は、職場コミュニティの活性化と、その活性度の分析を通じてコミュニティの状態の可視化を支援するサービスとのこと。コロナ禍のテレワークで離れて業務を行っている社員同士が、専用スマホアプリからデジタルカードを送りあうことで、日頃の協力や行動に対し社員同士で感謝や称賛の気持ちを伝えることができる。

ノーコードでもブロックチェーン開発ハッカソン!? 近大とIOST財団が「HIVEHACK 2021」開催。企業セッションはオンライン無料公開も

近畿大学 理工学部 情報学科 電子商取引研究室とIOST財団が、ノーコードでブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発を体験するハッカソン「ブロックチェーン教育ハッカソン HIVEHACK 2021」を8月26日、27日に開催することを発表

Sponsored