【取材】経理のDXを加速する「LayerX INVOICE」が提供する価値(LayerX 牧迫寛之氏インタビュー)

「LayerX INVOICE」の相次ぐ大手サービスとの連携

株式会社LayerXは今週、同社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE(レイヤーエックス・インボイス)」と弥生株式会社の「弥生会計」、ピー・シー・エー株式会社の「PCA会計DX」、株式会社オービックビジネスコンサルタントの「勘定奉行シリーズ」との連携を相次いで発表した。

LayerX INVOICE」は請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスだ。

各サービスとも「LayerX INVOICE」との連携によって、手入力・変換不要で連携サービスに取り込めるCSVのダウンロード、連携サービスの各種マスタデータのシームレスな「LayerX INVOICE」への取り込みが可能となる。また「LayerX INVOICE」からダウンロードされた仕訳データ(CSV)をそのまま連携サービスにインポートすることで、自動で会計帳簿、決算書、レポートの作成ができるようになる。

今回これらのサービス連携を実現した株式会社LayerXの執行役員 牧迫寛之氏に「あたらしい経済」は取材をした。

LayerX 執行役員 牧迫寛之氏へ取材

−なぜこの3社と連携したのでしょうか?

牧迫寛之(以下:牧迫): 当社の請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」は、請求書データをAI-OCRで読み取り、仕訳データ・振込データを作成するサービスです。経理DXを推進していくためには、より多くの企業様でご利用いただける環境を構築することが必要不可欠です。

当社サービスの目指すビジョンをご評価いただき、1月に発表させていただいたfreee様に加え、この度3社様との連携を発表させていただきました。他にも連携準備を進めている先が複数あり、今後も順次連携先を拡大していきます。

−既存の会計システムにはない、「LayerX INVOICE」のバリューはどのようなところでしょうか?

牧迫:受領した請求書処理については、多くの企業様でアナログに対応されています。本プロダクトの開発にあたり、100社超にヒアリングを行いましたが、コロナ禍でデジタル化が叫ばれる最中であっても、紙ベースで出社を余儀なくされている方が多くいらっしゃいました。

「LayerX INVOICE」を導入することで紙の目視確認や手入力での処理が前提となっていた請求書処理が効率的になると同時に、オンラインでの業務完結が可能になります。

当社も先日、電子インボイス推進協議会に加入させていただきましたが、2023年のインボイス制度導入に向け、国内でも請求書の電子化に向けた動きが活発化しています。当社としてもあるべき将来を見据えつつ、目の前のペインの解決に注力していきたいと思っています。

(imaes:iStocks/nisaul-khoiriyah・pgraphis)

 

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。

本のゲラがNFT、山口周ベストセラー『ビジネスの未来』の裏側が限られた読者の手へ

今年の4月、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の情報が飛び込んできた。そしてユニマのローンチ後にNFTとして販売されるコンテンツの中に、『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』という書名、そしてその著者である山口周氏の名前があった。なお当時の発表では、企画詳細については「出版社と実施に向け協議中」となっており明かされていなかった。

Sponsored

【取材】職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?(博報堂広報室)

株式会社博報堂と株式会社博報堂コンサルティングが、日本ユニシス株式会社と共同で、職場コミュニティの活性化支援アプリサービス「PRAISE CARD(プレイズ カード)」を開発を8月23日発表した。 「PRAISE CARD」は、職場コミュニティの活性化と、その活性度の分析を通じてコミュニティの状態の可視化を支援するサービスとのこと。コロナ禍のテレワークで離れて業務を行っている社員同士が、専用スマホアプリからデジタルカードを送りあうことで、日頃の協力や行動に対し社員同士で感謝や称賛の気持ちを伝えることができる。

ノーコードでもブロックチェーン開発ハッカソン!? 近大とIOST財団が「HIVEHACK 2021」開催。企業セッションはオンライン無料公開も

近畿大学 理工学部 情報学科 電子商取引研究室とIOST財団が、ノーコードでブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発を体験するハッカソン「ブロックチェーン教育ハッカソン HIVEHACK 2021」を8月26日、27日に開催することを発表

Sponsored