【取材】経理のDXを加速する「LayerX INVOICE」が提供する価値(LayerX 牧迫寛之氏インタビュー)

「LayerX INVOICE」の相次ぐ大手サービスとの連携

株式会社LayerXは今週、同社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE(レイヤーエックス・インボイス)」と弥生株式会社の「弥生会計」、ピー・シー・エー株式会社の「PCA会計DX」、株式会社オービックビジネスコンサルタントの「勘定奉行シリーズ」との連携を相次いで発表した。

LayerX INVOICE」は請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスだ。

各サービスとも「LayerX INVOICE」との連携によって、手入力・変換不要で連携サービスに取り込めるCSVのダウンロード、連携サービスの各種マスタデータのシームレスな「LayerX INVOICE」への取り込みが可能となる。また「LayerX INVOICE」からダウンロードされた仕訳データ(CSV)をそのまま連携サービスにインポートすることで、自動で会計帳簿、決算書、レポートの作成ができるようになる。

今回これらのサービス連携を実現した株式会社LayerXの執行役員 牧迫寛之氏に「あたらしい経済」は取材をした。

LayerX 執行役員 牧迫寛之氏へ取材

−なぜこの3社と連携したのでしょうか?

牧迫寛之(以下:牧迫): 当社の請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」は、請求書データをAI-OCRで読み取り、仕訳データ・振込データを作成するサービスです。経理DXを推進していくためには、より多くの企業様でご利用いただける環境を構築することが必要不可欠です。

当社サービスの目指すビジョンをご評価いただき、1月に発表させていただいたfreee様に加え、この度3社様との連携を発表させていただきました。他にも連携準備を進めている先が複数あり、今後も順次連携先を拡大していきます。

−既存の会計システムにはない、「LayerX INVOICE」のバリューはどのようなところでしょうか?

牧迫:受領した請求書処理については、多くの企業様でアナログに対応されています。本プロダクトの開発にあたり、100社超にヒアリングを行いましたが、コロナ禍でデジタル化が叫ばれる最中であっても、紙ベースで出社を余儀なくされている方が多くいらっしゃいました。

「LayerX INVOICE」を導入することで紙の目視確認や手入力での処理が前提となっていた請求書処理が効率的になると同時に、オンラインでの業務完結が可能になります。

当社も先日、電子インボイス推進協議会に加入させていただきましたが、2023年のインボイス制度導入に向け、国内でも請求書の電子化に向けた動きが活発化しています。当社としてもあるべき将来を見据えつつ、目の前のペインの解決に注力していきたいと思っています。

(imaes:iStocks/nisaul-khoiriyah・pgraphis)

 

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【取材】国内NFTマーケット「Adam byGMO」会見、西野亮廣氏、まふまふ氏、武尊氏らも参加

GMOインターネットグループが今年8月に提供予定のNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」に関する会見を6月16日に開催した。 その会見で、GMOフィナンシャルホールディングス、GMOインターネット、サムライパートナーズの共同出資の新会社新会社、GMOアダム株式会社の設立も発表された。同社の代表取締役は、熊谷正寿氏と高島秀行氏が務める。このGMOアダムによってNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」運営が行われるとのことだ。

デリバティブ市場の民主化を目指す、DeFi「Vega Protocol(ベガ・プロトコル)」とは?(Barney Mannerings)

Vega Protocol(ベガ・プロトコル)はDeFi(分散型金融)の中でも今注目されている、イギリス発の分散型デリバティブ取引プロトコルだ。分散化されたネットワーク上で、高速で低い手数料でデリバティブ取引を行うことができるプロジェクトで、現在テストネットがローンチされており、2021年末にはメインネットのローンチ予定だ。

Sponsored

【独占取材】ポリゴンが目指す、人々がブロックチェーンをストレスなく使える世界(Polygon VP-Growth Arjun Kalsy)

昨今のNFTブームの中、日本でも注目を集めている1つのブロックチェーンプロジェクトがある。 Cryptogames株式会社の「NFT Studio」や株式会社スマートアプリの「nanakusa」などのNFTマーケットプレイスでも採用されている、ポリゴン(Polygon:旧Matic Network)だ。

【取材】ハンコレスを目指して。日立製作所がブロックチェーンで電子署名サービスを開発した背景と今後

株式会社日立製作所がブロックチェーン(分散型台帳)技術によるセキュアな電子契約を実現する「日立電子署名サービス」を開発したことを3月3日に発表した。目的はハンコレスの推進だ。 リリースに関する詳細情報は「ハンコレスを推進へ、日立製作所がブロックチェーンを活用した日立電子署名サービスを開発」で掲載している。