イーサリアムL2「Base」のブロック生成が一時停止、現在は復旧済み

「Base」でブロック生成が一時停止

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)開発のレイヤー2ネットワーク「ベース(Base)」のブロック生成が9月6日に一時停止した。その後すぐに修正プログラムが適応され、現在その問題は解決している。

「ベース」のステータスページによると、日本時間で9月6日6時36分にブロックの生産停止について調査が開始されており、同日6時50分には問題が特定され修正の実装が開始されている。

その後7時39分にはRPCに関する問題も見られたが、それについても修正が行われており、9時56分には今回の問題が解決されたと宣言されている。

なおネットワークが今回の障害を受けて、ブロック生成が停止していたのは1時間2分の間で、「ベース」チームによって公開されているパブリックRPCは、この1時間2分に加えて27分間部分的に停止していたことが分かっている。なおここでいうRPCとは、ブロックチェーンに対して指示を行う際に使用するプロトコルのことだ。

「ベース」の公式X(旧ツイッター)アカウントは「この問題は特定され、修正されました。リスクにさらされている資金はありません」と述べている。

「ベース」は、米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が独自開発したイーサリアムのL2のブロックチェーンだ。「オプティミズム」に続きオープンソースモジュールの「OPスタック(OP Stack)」により構築されており、8月9日にメインネットが正式ローンチした。

なお「OPスタック」は、「OPメインネット」の開発元であるOPラボ(OP Labs)が提供するソフトウェアである。開発者はこのソフトウェアを用いることで、「オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollups)」を採用した独自のレイヤー2ブロックチェーンを立ち上げられる。

現在同ブロックチェーンのTVL(総預かり資産額)は約3億8,100万ドル(約562億円)となっており、イーサリアムL2ネットワークの中で4位となっている(9月6日L2BEAT調べ)。

関連ニュース

参考:ステータスページ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/StationaryTraveller・iam2mai

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ