米DGC傘下のジェネシス・グローバル・トレーディング、暗号資産現物取引を終了へ=報道

9月18日にサービス終了へ

デジタル・カレンシー・グループ(DCG)傘下のジェネシス・グローバル・トレーディング(GGT)が、9月18日に暗号資産(仮想通貨)現物(スポット)取引サービスを終了するようだ。各報道機関が9月6日報じた。

米コインデスクの報道によれば、このことは同社が9月5日に顧客へ送った電子メールにより明らかとなったとのこと。メールにてGGTは、すべての取引は9月21日までに決済されなければならず、残っているすべての未決済口座は30日に清算されると伝えているとのことだ。

またGGTはサービス終了の決定を「自主的なもので、サービス上の理由によるもの」だと説明している。

コングロマリット内の連鎖する倒産から免れていた

DCGのグループ企業で、暗号資産レンディングを手掛けるジェネシス・グローバル・キャピタル(Genesis Global Capital:GGC)は1月19日、米国で破産申請したことを正式発表した。

なお同社親会社ジェネシス・グローバル・ホールドコ(Genesis Global Holdco:GGH)および、同社のもうひとつのレンディング事業子会社であるジェネシス・アジア・パシフィック(Genesis Asia Pacific:GAP)についても米国破産法第11条(チャプター11)がニューヨーク南部地区連邦破産裁判所に申請されたことも発表された。

その際、ジェネシスのデリバティブ、スポット取引、カストディ事業を行う他子会社と、GGTについては、破産申請をせずに顧客取引業務を継続すると伝えられていた。

このほかDGCのグループ会社には、資産運用事業のグレースケールや、米暗号資産メディア「CoinDesk」らがある。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Ninja-Studios

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察