DCG、グレイスケールの暗号資産ファンドの保有株式を一部売却=報道

DCGがグレースケール提供の暗号資産ファンドの持ち分一部売却

デジタルカレンシーグループ(Digital Currency Group:DCG)が、同社子会社グレイスケール(Grayscale)運営の投資ビークルにおいて保有している株式を一部売却開始したとフィナンシャルタイムズが2月7日に報じた。

ソフトバンクも支援するDCGは、同社の融資部門ジェネシス(Genesis)が破産申請し、暗号資産取引所FTXや暗号資産レンディングのブロックファイ(BlockFi)とともに市場の暴落によって倒産し、債権者に対し少なくとも34億ドル(約4,462億円)の負債を負ったことで、苦しい状況となっている。

ジェネシス傘下の破綻した融資事業子会社を支援する為にDCGが資金調達を開始しようとしているタイミングで報じられた。

DCG保有のイーサリアム(Ethereum)ファンドの株式4分の1が売却され、1月24日以降のいくつかの取引で2200万ドル(約28.8億円)もの資金が調達されたと、フィナンシャルタイムズが米国の証券提出書類を引用して述べている。

また報道では、DCGがライトコイン(Litecoin)トラスト、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)トラスト、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)トラスト、デジタルラージキャップ(Digital Large Cap)ファンドの株式の小ブロック売却に動いたと付け加えられている。

ロイターはDCGとグレイスケールへコメントを要請したが、すぐには応じなかった。

バリー・シルバート(Barry Silbert)氏が所有するDCGは、ジェネシスとグレイスケールに加え、クリプトメディアのコインデスク(CoinDesk)などを所有している。ただしグレイスケールとコインデスクは倒産していない。

関連ニュース

Genesis Global Capitalが破産申請、デリバティブやカストディ事業運営会社は対象外

DCGが約797億円相当の株式売却、ソフトバンクやアルファベットへ

GenesisやCoindeskの親会社DCGの創業者、バリー・シルバート氏は何者か?

DCG、子会社グレースケールのイーサリアムクラシック投信株式を約55億円相当購入へ

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
DCG sells shares in Grayscale crypto trusts in push to raise funds – FT
Reporting by Sneha Bhowmik and Akriti Sharma in Bengaluru; Editing by Eileen Soreng
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
デザイン:一本寿和
images:iStock/Wiphop-Sathawirawong

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も