DCGが約797億円相当の株式売却、ソフトバンクやアルファベットへ

デジタルカレンシーグループが約797億円の株式売却

米暗号資産(仮想通貨)系ベンチャーキャピタルであるデジタル・カレンシー・グループ(DCG)が7億ドル(約797億円)に相当する株式を売却したことが11月1日分かった。評価額は100億ドル(約1.1兆円)で、株式購入を主導したのはソフトバンク・ビジョンファンド2(Softbank Vision Fund 2)およびラテンアメリカファンド(Latin America Fund)だ。

ウォールストリートジャーナルの報道によると、今回DCGが株式を売却したのは資金調達が目的ではなく、初期投資家による利益確保の機会とのこと。調達資金は全て株主に支払われたという。なお保有する全株式を売却した株主はいなかったとのことだ。またDCGの40%程の株式を所有するCEOのバリー・シルバート(Barry Silbert)氏は今回のラウンドで株式売却は行わなかったとのことだ。

なお今回の株式購入には、GIC、リビットキャピタル(Ribbit Capital)の他、Googleの親会社アルファベット(Alphabet)の投資部門であるキャピタルG(CapitalG)も参加したとのことだ。

デジタル・カレンシー・グループ(DCG)は2015年に設立された暗号資産系のベンチャーキャピタルだ。現在175社以上のブロックチェーン関連企業の支援を行っており、子会社には暗号資産取引所のジェネシス(Genesis)、暗号資産運用会社のグレースケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)、ブロックチェーンメディアのコインデスク(CoinDesk)などがある。

またソフトバンクのブロックチェーン関連企業への投資はここ半年多く報道されている。今年7月にはNFTマーケットプレイスのオープンシー(Opensea)と暗号資産デリバティブ取引所FTXへ、9月にはNFTサッカーゲームを提供するソーレア(Sorare)へ、また10月には暗号資産マネロン対策ツール提供のエリプティック(Elliptic)とNFT企業キャンディ・デジタル(Candy Digital)へと出資を行っている。

関連ニュース

DCG、グレイスケールのビットコイン投信「GBTC」購入予算を1,140億円に引き上げ

米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に

ソフトバンクやSBIら、暗号資産マネロン対策ツール提供「Elliptic」に出資

ソフトバンク、NFTサッカーゲーム「Sorare」の約745億円調達を主導

暗号資産取引所FTXがソフトバンクらから約1,000億円調達、企業価値は約2兆円へ

参考:WSJ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・SergiyMolchenko

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された