彫刻家のパブリックアートがNFTに、名和晃平「White Deer (Oshika)」をTRiCERAが販売へ

名和晃平の「White Deer (Oshika)」がNFTに

現代アートのグローバルマーケットプレイス事業を展開するTRiCERA(トライセラ)が、彫刻家・名和晃平氏の彫刻作品「White Deer (Oshika)」のNFTを販売することが分かった。

「White Deer (Oshika)」は、日本古来の神話の中で描かれる「神鹿(しんろく)」を現代の技術を用いて再解釈した名和氏の彫刻作品。宮城県石巻を舞台に開催された総合芸術祭「Reborn-Art Festival 2017」にて発表され、鹿が多く生息する牡鹿半島の荻浜地区に設置されている、全長6メートルを超えるパブリックアートだ。

この作品「White Deer (Oshika)」の原盤の3Dデータ(.objファイル)と、コンセプトムービー(.mp4ファイル)、ドキュメントムービー(.mp4ファイル)を含むデータパッケージがNFTとして販売されるとのこと。

このNFTは11月12日22時から19日22時までの期間、「NFT “White Deer” 特設サイト」にてオークション形式で販売される予定だ(日本時間)。

なお現在アート作品のNFT化は多くみられるが、TRiCERAによるとパブリックアートのNFT化は世界発の事例とのこと。

「あたらしい経済」編集部がTRiCERAに取材したところ、このNFTがミント(鋳造/発行)されるブロックチェーンは「Ethereum on Zora Protocol(Zoraプロトコル上のイーサリアム)」とのこと。決済はイーサリアムのみとなる。

なおTRiCERAは今年4月に、NFTマーケットプレイスを運営するZora及び、ブロックチェーンソフトウェア企業Curvegridと技術パートナーシップを締結し、TRiCERAのマーケットプレイスにNFT取引機能を統合することを発表していた。今回のプロジェクトはその両社の技術協力のもと実施されるとのことだ。

TRiCERAでは今回の取り組みで、アーティストと共に現実と仮想の世界を横断するパブリックアートの新しい形を探求していくとしている。

なお今回の取り組みに関して名和晃平氏は以下のようにコメントしている。

「今回の取り組みは新しい時代を迎えた私たちにとって、パブリックアートとは何か、社会彫刻が持つ意味とは何か、という問いかけでもあります。芸術祭やアートスペースがつくられる時、さまざまなプレッシャーと限られた予算のなかでアーティストは可能な限りの挑戦をします。その場その時にしか生まれ得ない奇跡の塊のような作品たちを、どのように維持管理し次世代に繋ぐのかと考えた時、NFTの持つ社会的な意義や役割が見えてきました」

また株式会社TRiCERA代表取締役の井口泰氏は以下のようにコメントしている。

「日本でも有数のアーティストである名和氏と今回の取り組みを発表できることは非常に光栄に感じております。TRiCERAはNFTの持つ無限の可能性を信じると共にどのように現代アートに取り入れるかを長い間議論しておりました。名和氏との対話の中でこのプロジェクトが生まれ、社会的に大きな意義があるプロジェクトとなったと思います」

なおプロジェクトは、石巻市との協議により2027年まで期間限定で展示することが予定されている「White Deer (Oshika)」 が、荻浜の地に恒久設置されることを目標としており、売り上げの一部はReborn-Art Festival実行委員会に寄付され、作品の維持管理の資金に充てられるとのことだ。

特設サイトより

フランス・ルーヴル美術館ピラミッド内にて彫刻作品「Throne」 の特別展示や、Christian Diorとのコラボなど、世界で活躍する日本人彫刻家の名和氏のパブリックアートをNFT化の取り組みが、世界にどのように評価されるのか楽しみだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」は代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。 なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

 

参考:NFT “White Deer” 特設サイト

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。

【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。