暗号資産取引所FTXがソフトバンクらから約1,000億円調達、企業価値は約2兆円へ

暗号資産取引所FTXがソフトバンクらから約1,000億円調達、企業価値は約2兆円へ

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXがシリーズBラウンドで約1,000億円の株式での資金調達を行なったことを7月20日に明らかにした。FTXのCEOであるサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏がツイートしたことで明らかになった。またFTXは企業評価額約2兆円で調達を行なった。そしてこの資金調達は投資銀行を仲介者とせず、ベンチャーキャピタルのParadigm、Ribbit、BTIGと直接連携して取引を成立させたとのことだ。

このラウンドに参加した投資家は、Softbank、Coinbase Ventures、Paradigm、Sequoia Capital、Ribbit Capital、Third Point、Lightspeed Venture Partners、 Sino Global Capital、Multicoin Capital、Paul Tudor Jones family、VanEck、Circle、Izzy Englander、Alan Howardなど計60以上とのことだ。

FTX CEOのサム・バンクマン・フリード氏はメディアThe Blockの取材に対して「最終的にこの状況にかなり興奮しています。クリプトネイティブではない投資家たちに、会社のビジョンを説明するのには時間がかかりました。しかし、ビジネスモデルはとてもシンプルです」と答えている。

またメディアForbesによれば、暗号資産取引所バイナンスのCEOであるCZ(Changpeng Zhao)氏は2019年に投資したFTXの株式を全て売却したとのことだ。

そのことに対して、CZ氏は「FTXの驚異的な成長を目の当たりにし、非常に満足していますが、完全に株式を売却しました。今回の株式の売却は、通常の投資サイクルの一環であり、良好な条件で完了したと説明しています。私たちはまだ友人ですが、もう資本関係はありません」とForbesに説明している。

そしてサム・バンクマン・フリード氏はForbesの取材に対して「株式公開(IPO)については、私たちが積極的に考えていくことであり、具体的にどのような結末になるかはわかりません。

ですから、私たちがやりたいのは、その気になれば公開できる状態にすることであり、その準備はできています。株式公開の必要性について、時を告げるための時計は存在していません」と答えている。

参考:サム・バンクマン・フリード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/18話題】UST・LUNA発行元の法務担当辞任、G7が暗号資産規制を議論かなど(音声ニュース)

UST・LUNAのテラフォームラボ、渦中に法務担当3名が辞任か、G7財務相会議で暗号資産規制を議論か、仏中銀総裁が発言、ロビンフッド、暗号資産ウォレットアプリ開発へ、EYとPolygon、パブリックチェーン向けサプライチェーントレーサビリティサービス、アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ、パクソスとステートストリートが提携、株式決済インフラ試験統合、米ユニバーサルミュージック全アーティスト、LimeWireでNFT販売可能に、フットサルFリーグ「名古屋オーシャンズ」、FiNANCiEでトークン発行、USTのテラフォームラボCEO、テラ(LUNA)ハードフォーク第2案を提案、Twitch共同創業者設立web3企業メタセオリー、a16zらから約31億円調達、ソラナ財団主催イベント「Solana Hacker House」が東京で開催へ

Sponsored

アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ

アニモカブランズジャパンが、IGポートのグループ企業プロダクション・アイジー(Production I.G )およびウィットスタジオよりライセンス許諾をうけ、同社らが制作するアニメーション作品のNFT活用をグローバル展開することが分かった