暗号資産取引所FTXがソフトバンクらから約1,000億円調達、企業価値は約2兆円へ

暗号資産取引所FTXがソフトバンクらから約1,000億円調達、企業価値は約2兆円へ

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXがシリーズBラウンドで約1,000億円の株式での資金調達を行なったことを7月20日に明らかにした。FTXのCEOであるサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏がツイートしたことで明らかになった。またFTXは企業評価額約2兆円で調達を行なった。そしてこの資金調達は投資銀行を仲介者とせず、ベンチャーキャピタルのParadigm、Ribbit、BTIGと直接連携して取引を成立させたとのことだ。

このラウンドに参加した投資家は、Softbank、Coinbase Ventures、Paradigm、Sequoia Capital、Ribbit Capital、Third Point、Lightspeed Venture Partners、 Sino Global Capital、Multicoin Capital、Paul Tudor Jones family、VanEck、Circle、Izzy Englander、Alan Howardなど計60以上とのことだ。

FTX CEOのサム・バンクマン・フリード氏はメディアThe Blockの取材に対して「最終的にこの状況にかなり興奮しています。クリプトネイティブではない投資家たちに、会社のビジョンを説明するのには時間がかかりました。しかし、ビジネスモデルはとてもシンプルです」と答えている。

またメディアForbesによれば、暗号資産取引所バイナンスのCEOであるCZ(Changpeng Zhao)氏は2019年に投資したFTXの株式を全て売却したとのことだ。

そのことに対して、CZ氏は「FTXの驚異的な成長を目の当たりにし、非常に満足していますが、完全に株式を売却しました。今回の株式の売却は、通常の投資サイクルの一環であり、良好な条件で完了したと説明しています。私たちはまだ友人ですが、もう資本関係はありません」とForbesに説明している。

そしてサム・バンクマン・フリード氏はForbesの取材に対して「株式公開(IPO)については、私たちが積極的に考えていくことであり、具体的にどのような結末になるかはわかりません。

ですから、私たちがやりたいのは、その気になれば公開できる状態にすることであり、その準備はできています。株式公開の必要性について、時を告げるための時計は存在していません」と答えている。

参考:サム・バンクマン・フリード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。