卓球プロチーム琉球アスティーダがFiNANCiEでクラブトークン発行

琉球アスティーダがFiNANCiEでクラブトークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」で、プロ卓球チーム琉球アスティーダのクラブトークンの発行と販売の開始が7月21日発表された。なお「FiNANCiE」において卓球チームのクラブトークンの発行は初の事例であり、上場企業運営のチームとしてもクラブトークン発行は初の取り組みとなるようだ。

琉球アスティーダは2018年秋に開幕した日本初のプロ卓球リーグ「Tリーグ」所属の男子チームだ。同チームの運営は今年3月に東京証券取引所の特定投資家向け株式市場TOKYO PRO Market(TPM)へ上場した琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社が行っている。同社は日本のプロスポーツ界では初となる株式上場を行った企業である。

リリースによると今回のクラブトークンの販売売上は主に琉球アスティーダのクラブ運営、強化費用の他、同チームが2021年内に本拠地沖縄県で開催する予定の「アスティーダフェス 2021-2022」のイベント企画・運営費に利用する予定とのことだ。

なおクラブトークン購入者については、クラブの投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選、アスティーダフェスでの特別体験への応募などの権利が得られる。なお投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

ファンディング実施期間については7月21日11:00~9月4日23:59までの予定となっている。

参考:FiNANCiE

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/21話題】デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討、英判事がクレイグライトは嘘ついたと指摘など

デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討開始、三菱UFJ信託・プログマ・KlimaDAO JP・オプテージら、自称ビットコイン発明者クレイグライト、主張裏付けのため繰り返し嘘をついたと英国判事が指摘、国内初、バイナンスジャパンに「サイバーコネクト(CYBER)」上場へ、国内3例目のマスクネットワーク(MASK)も、Gala Gamesがセキュリティインシデント報告、50億GALAが不正発行、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、渋谷区と提携し小委員会設立へ、トレント大教授、ブロックチェーンの耐量子暗号システムへの移行の必要性を指摘、ミームコイン作成・取引の「Pump. Fun」元従業員逮捕、約125億円の損失被害後