ヴィタリックが「Reflexer Finance」に改善提案、MakerDAOへの不満も漏らす

ヴィタリックが「Reflexer Finance」に改善提案

Ethereum(イーサリアム)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が、分散型ステーブルコインプラットフォーム「リフレクサーファイナンス(Reflexer Finance)」に改善提案を同プラットフォームのディスコードサーバーにて9月2日に行った。

「リフレクサーファイナンス」は分散型金融(DeFi)プロトコル「メイカーダオ(MakerDAO)」が発行するステーブルコイン「DAI」をフォークする形で、ステーブルコイン「RAI」を発行している。

ヴィタリック氏による提案は、「RAI」発行の担保を拡充するというものだ。具体的には、イーサリアム(Ethereum)のリキッドステーキングプロトコルに参加することで得られる「LSD(リキッドステーキングデリバティブ)」トークンをサポートするというものだ。

なおこの提案の中でETHのLSDを最も多く発行している「リドファイナンス」のstETHではないLSDトークンをサポートすることで、分散性を高めるべきだとも発言している。

また同時に「リフレクサーファイナンス」のもとになった「メイカーダオ」について、奇妙な方向へ奔走していると不満ともとれる発言をしている。

「メイカーダオ」の共同創設者のルーン・クリステンセン(Rune Christensen)氏は先日、プロジェクトの大規模な改革案「エンドゲームプラン(Endgame Plan)の一環として、同プロトコルのネイティブブロックチェーンをソラナ(Solana)のコードベースを用いて構築することを提案した。

その後ヴィタリック氏は「メイカーダオ」の方針に不満があるのか、ガバナンストークン「MKR」を約6700万円(約58万ドル)で売却している。

RAIはイーサリアム(ETH)を担保にして発行されるステーブルコイン。ほかのステーブルコインと違い法定通貨とのペッグはされておらず、独自のメカニズムで価格がおおよそ一定に保たれている。

関連ニュース

参考:ディスコード
写真:大津賀新也(あたらしい経済)

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ