米コインベースにペイパルのステーブルコイン「PYUSD」上場へ

コインベースにPYUSD上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、米ドル建てステーブルコイン「PayPal USD(PYUSD)」の取り扱い予定を8月31日発表した。

同取引所での「PYUSD」の取り扱いは流動性条件が満たされ次第、8月31日9:00(PT)日本時間で9月1日2:00以降から開始されるとのこと。

なお取り扱われるのはイーサリアム(Ethereum)ネットワーク上のERC-20トークンの「PYUSD」となる為、他ネットワークで発行されたトークンは入金不可となる。

また「PYUSD」は「コインベース(Coinbase:販売所)」及び「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:取引所)」で取り扱われるとのこと。取引ペアについては、PYUSD-USDがサポートされる予定。

今回の新規銘柄の取り扱いはコインベースサービス提供地域のうち一部は対象外になる可能性があるとのこと。日本についてはコインベースが事業縮小による取引停止をしているため、国内での「PYUSD」のサポートは対象外となる。

またコインベースでの「PYUSD」取り扱いは、新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付けられる「Experimental label(実験的ラベル)」の対象となっている。このラベルは、市場の状況で取引量が増えた場合に削除される予定だ。

「PYUSD」は、米ドルの価格に1:1でペッグ(固定)されたステーブルコインだ。8月7日にペイパルがローンチを発表した。なおペイパルのような大手金融会社が独自のステーブルコインを発行するのは、初の事例である。

ペイパルによると「PYUSD」の価値は米ドル預金・短期米国債・同様の現金相当物に100%裏付けられているという。発行元については「パクソストラストカンパニー(Paxos Trust Company)」が担当している。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored