Aaveがステーブルコイン「GHO」の技術的問題を発見、新規発行一時停止へ

GHOが一時的に新規発行停止へ

DeFi(分散型金融)レンディングプロトコル「アーベ(Aave)」のネイティブステーブルコイン「GHO(ゴー)」とアーベV3プール(Aave V3 pool)のインテグレーション(統一化)に技術的な問題が発見され、8月25日にインテグレーションおよび新規発行が停止された。

「アーベ」の開発を進めるアーベカンパニーズ(Aave Companies)はフォーラムにて、「すでにミント(発行/鋳造)されているGHOに関しては影響を受けず、ファンドや他全ての市場に影響を与えるリスクもなく、通常通り運営されます。コミュニティはすでに修正に取り組んでおり、間もなくAIP(Aave Improvement Proposal)として提案されます」と述べている。

「GHO」の新規発行を一時停止したのは、コミュニティからいくつかの権利が与えられた個人や団体のグループ「アーベガーディアンズ(Aave Guardians)」のメンバーである。「アーベガーディアズ」は、ガバナンスの乗っ取りからプロジェクトを保護するための「拒否権」などの権利も保有している。

新規発行の一時停止が実行されたあと、状態をガバナンスによって実施可能な一時停止状態「凍結(フリーズ)」に移行するためのガバナンス投票が作成された。この投票は8月29日の3時30分まで行われ、現在提案は可決し、投票は終了している。

また「GHO」のアップデートに関するガバナンス提案の作成も既に完了している。8月29日6時9分にこの提案に対する投票が開始されており、8月31日22時9分には投票時間が終了する予定だ。

「GHO」は米ドル(USD)と1:1の価値にペッグ(固定)されるステーブルコイン。「アーベ」で利用可能な複数銘柄の暗号資産(仮想通貨)を担保として裏付けする過剰担保型で発行されている。なお同通貨はイーサリアム(Ethereum)メインネットで今年7月15日にローンチしたばかりである。

関連ニュース

参考:Aaveフォーラム
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した