ステーブルコイン発行の「Harbor Protocol」、エクスプロイト被害を報告

Harbor Protocolでエクスプロイト発生

米ドルペッグのステーブルコイン「コンポジット:Composite(CMST)」を発行するDeFi(分散型金融)プロトコル「ハーバープロトコル(Harbor Protocol)」が、エクスプロイト被害を受けたことを8月19日に発表した。エクスプロイトとは、資金の不正流出のこと。

なお発生した損失の総額を推定すると発表されているが、8月21日10:00現在でエクスプロイトの被害額は公表されていない。また19日に行われた発表以降はポスト(ツイート)等の発信は途絶えている。

「ハーバープロトコル」によるとエクスプロイトの犯人は、1つのアドレスから全ての攻撃を行っているとのこと。同プロトコルは、X(旧ツイッター)にて犯行に利用されたアドレスを公開している。

また犯人に対し「ハーバープロトコル」は、「悪用者がこのメッセージを読んでいる場合は、ユーザーやコミュニティのメンバーに影響を与えず、最適な解決策を見つけるためにいつでも話し合う用意があるため、私たちに連絡することをお勧めします」と述べている。

「ハーバープロトコル」は「メイカーダオ(MakerDao)」からインスピレーションを得てステーブルコインを発行するプロジェクト。stATOM、ATOM、OSMOなどのトークンを担保にステーブルコインをミントできる。

また同プロトコルは、コスモスの独自ブロックチェーン開発キット「CosmosSDK」およびスマートコントラクトを扱えるようにするモジュール「CosmWasm」を用いて作成されたブロックチェーン「コムデックス(Comdex)」上で稼働している。

「ハーバープロトコル」ではガバナンストークン「HARBOR」も発行しており、このトークンをステーキングプールにロックアップすることで、ロックアップ期間および預け入れ額に応じて、ガバナンス投票での投票力となる「veHARBOR」が受け取り可能となっている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/koyu

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored