「Shibarium」開発者、ブリッジの問題や資産損失の報告を否定

「Shibarium」開発者がブリッジの問題や資産損失を否定

イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューション「シバリアム(Shibarium)」において発生したとされるブリッジのエラーや資産損失に関する報告について、同ネットワーク開発者のシャトシ・クサマ(Shytoshi Kusama)氏が、「シバイヌ(SHIB)」のブログにて8月17日否定をした。

「シバリアム」は、ミームコイン「シバイヌ(SHIB)」の開発者が提供する「SHIB」エコシステムの基盤となるブロックチェーン。イーサリアムのスケーラビリティ問題および取引手数料の削減により分散型アプリケーション(Dapps)および取引に関するユーザーエクスペリエンス向上を目指している。

同ブロックチェーンは、8月17日にメインネットがローンチしてから数時間後にネットワークが停止し、そこから数時間の間トランザクションが作成されていなかった。現在でもネットワークにアクセスするためのRPCにアクセスしづらい状態が続いている。なおここでいうRPCとは、ブロックチェーンに対して指示を行う際に使用するプロトコルのことだ。

そういった状況の中、「シバリアム」へのブリッジに問題が発生し、利用された資産がロックされている状態であることや、シャトシ氏が「ブリッジされたETHを回収できない」とテレグラムで発言しているという報告がスクリーンショットと共に投稿された。

しかしその後これらの報告が、SHIBエコシステムを傷付けようとする第三者の嘘の投稿であったことがシャトシ氏より報告されている。前述したシャトシ氏によるテレグラムの発言に関しても、偽造されたもので該当する発言は行っていないとのことだ。

シャトシ氏はその後ブログを投稿し、その中で「ブリッジの問題はありませんし、私が何か問題を言っているというスクリーンショットはどれも嘘で、あなたの資金は安全です」と語った。

また今回のネットワーク停止については、「シバリアムの問題ではなく、シバリアムが稼動したと発表したときに同時に起こった大量の取引とユーザーの流入によるものです」とシャトシ氏は説明した。

シャトシ氏は、web3インフラ開発のAlchemy(アルケミー)が提供するサービスの利用状況を公開し、1ヶ月に4億のコンピュートユニットの割り当てを用意していたものの、ローンチ後わずか約30分で1億6,000万以上のコンピュートユニットが利用されたと述べている。

SHIB公式チームからもアナウンスが行われ、ブロックチェーンの拡張を進めているとしており、さらなる情報は明日更新予定と発表している。また偽のスクショを投稿したユーザーに関して、裁判のための犯人特定に向け、X(旧ツイッター)に協力を求める予定だと伝えられている。

関連ニュース

参考:SHIBブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Seregraff

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored