BNBチェーンのレイヤー2「opBNB」、インフラプロバイダー向けにメインネットローンチ

「opBNB」がインフラプロバイダー向けにメインネットローンチ

「BNBチェーン」のレイヤー2ネットワーク「opBNB」が、インフラストラクチャープロバイダー向けにメインネットを8月16日にローンチした。「BNBチェーン」は、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)提供のブロックチェーンである。

「opBNB」は、オープンソースのブロックチェーン開発ソフトウェア「OPスタック(OP Stack)」を採用したイーサリアム仮想マシン(EVM)互換のL2ブロックチェーン。今年6月にテストネットをリリースした。

「OPスタック」はイーサリアム(Ethereum)のL2スケーリングソリューションであるオプティミズム(Optimism)の技術に基づいたソフトウェア。開発者はこのソフトウェアを用いることで、「オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollups)」を採用した独自のレイヤー2ブロックチェーンの立ち上げが可能だ。

今回のメインネットローンチは「opBNB」でのインフラストラクチャーを開発するサービスプロバイダーに向けてのものであり、一般のユーザーには公開されていない。なお一般のユーザーに向けての正式なローンチは8月末から9月初旬を予定しているとのこと。

しかし「opBNB」は利用可能であり、BNBチェーンが提供するブリッジも既に稼働している。同ブリッジではBNBスマートチェーン(BSC:BNB Smart Chain)からネイティブトークン「BNB」の入金が可能だ。

またBNBチェーンは、「opBNB」での開発をサポートするチュートリアルを公開している。このチュートリアルではメタマスクなどのウォレットを「opBNB」に接続する方法から、分散型アプリケーション(Dapps)の開発方法まで幅広く説明がされている。

関連ニュース

参考:ブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察