BNBビーコンチェーン、7月下旬に「ZhangHeng」アップグレード実施予定

BNBビーコンチェーンがアップグレードを予定

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)提供のBNBビーコンチェーンの次期アップグレード「ZhangHeng(張衡)」について、7月12日発表された。

BNBビーコンチェーンは、BNBチェーンを構成するブロックチェーン。BNBチェーンはBNBビーコンチェーンとBNBスマートチェーンによって構成されている。

アナウンスによると「ZhangHeng」アップグレードは、ブロック高328088888で行われると予想されているという。このブロック高に到達するのは日本時間で7月19日15:00頃とのことだ。

今回のアップグレードでBNBビーコンチェーンには、バグ修正が入る他、新機能が実装されるという。主な更新は「BEP-255」の実装だ。ちなみにBEPは「BNB進化提案(BNB Evolution Proposal)」の略で、BNBチェーンを改善する提案のこと。

この「BEP-255」はBNBビーコンチェーンのセキュリティを向上させるための提案で、BNBビーコンチェーンに「ビーコンチェーン資産照合」を導入するというものだ。

「ビーコンチェーン資産照合」はユーザーの残高をブロックごとに追跡し、残高の変化とそれに関連するすべてのアカウントの残高変化を計算し比較することで照合を行う機能である。同機能によりハッキングなどに素早く気付けるという。また照合エラーが生じた場合には、新たなブロックの生成が停止するという。

ブロックの生成が停止された場合、再びブロックチェーンを稼働させるには、関連するアカウントをブラックリストに登録するなどして対処したのちにハードフォークを行う必要があると説明されている。

なお同アップグレードはハードフォークを伴うものとなる。メインネットでフルノードを実行している場合、アップグレードが実施されるよりも前にクライアントソフトウェアのバージョンを「v0.10.16」に切り替える必要があるとのことだ。

関連ニュース

    参考:BNB
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/ivanmollov・dalebor

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    田村聖次

    和歌山大学システム工学部所属
    格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
    SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

    和歌山大学システム工学部所属
    格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
    SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

    合わせて読みたい記事

    【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

    米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察