「Shibarium」がメインネットローンチ、資金がロックされたままネットワーク停止へ

イーサL2「Shibarium」がメインネットローンチ

ミームコイン「シバイヌ(SHIB)」の開発チームが、イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューション「シバリアム(Shibarium)」のメインネットを8月17日にローンチした。

しかし、その後にブリッジされたトークンがロックされたままネットワークが停止し、数時間の間トランザクションが確認されていないことが明らかになっている。

現在ネットワークにアクセスするためのRPCにアクセスできない状態が続いており、17日14時42分のトランザクションを最後にトランザクションが作成されていない。また「シバリアム」に対してブリッジされたイーサリアムなどのトークンは現状回収する方法はなく、コミュニティは混乱している。

またこの問題が発生してすぐにプロジェクトが、ディスコードでのユーザーの発言をブロックしたことも確認されている。

「シバリアム」は、「SHIB」エコシステムの基盤となるブロックチェーン。イーサリアムのスケーラビリティ問題および取引手数料の削減により分散型アプリケーション(Dapps)と取引のユーザーエクスペリエンス向上を目指している。

「SHIB」は、ドージコイン:Dogecoin「DOGE」をモデルにして作られたイーサリアム(Ethereum)基盤のミームコインだ。ミームコインとは一般的に、明確な目的や内容、裏付けがなく、ソーシャルメディアのトレンドで価格が動いているトークンのこと。

「シバリアム」は、今年1月にはベータテストネットをリリースしており、テストネットはおよそ2100万人のユーザーを集めた。なおコンセンサスメカニズムにはDelegated Proof-of-Stake(DPoS)を採用しており、ブロックチェーンのバリデーターがトランザクション処理の促進、および新しいブロックの生成を行う。

バリデーターになるためには「SHIB」エコシステムのガバナンストークンである「BONE」トークンを10000枚以上同ブロックチェーンにロックアップする必要がある。

「SHIB」コミュニティは、今夏を「シバリアムの夏(SummerOfShibarium)」とし、8月15日からカナダのトロントで開催されている「Blockchain Futurist Conference」、「Eth Toronto」および「Eth Women」にタイトルスポンサーとして参加した。

今回のメインネットローンチは開発者のシャトシ・クサマ(Shytoshi Kusama)氏による、これらのイベントの時期に合わせて「シバリアム」を正式にリリースする可能性が高いという説明通り、実施された。

2023.8.18 18:30追記

シャトシ氏が今回の問題について否定しました。続報は、こちらの記事をご覧ください。

「Shibarium」開発者、ブリッジの問題や資産損失の報告を否定

関連ニュース

参考:公式サイト
デザイン:一本寿和
images:iStocks/StationaryTraveller・iam2mai

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored