世界銀行グループ支援のファンドと米州住友商事がカーボンクレジットをトークン化、Chia Network活用で決済も

カーボンクレジットのトークン化・決済に成功

カーボンクレジットファンドの「カーボン・オポチュニティーズ・ファンド(Carbon Opportunities Fund)」と米州住友商事(SCOA)が、トークン化されたカーボンクレジットの初取引の1例を6月28日発表した。

「カーボン・オポチュニティーズ・ファンド」は、高品質なカーボンクレジットの調達およびトークン化を目的に、世界銀行グループの一機関である国際金融公社(IFC)によって昨年8月17日に設立されている。

なおこのファンドにはIFCの他に、気候に焦点を当てたフィンテック企業カルティボ(Cultivo)、環境に配慮した投資を行う金融機関アスピレーション(Aspiration)、低エネルギーで運用可能なパブリックブロックチェーンであるチア・ネットワーク(Chia Network)が参加している。

発表によれば、今回の取引はチアブロックチェーン上に構築されたCADトラスト(Climate Action Data Trust)を活用して行われたという。なおCADトラストは、すべての主要なレジストリからのカーボンクレジット データをリンク、集約、調和させる分散型メタデータプラットフォームだ。世界銀行、国際排出権取引協会(IETA)、シンガポール政府が主導している。

なおIETAは、温室効果ガス排出削減量の取引に関する機能的な国際的枠組みを確立するため、1999年6月に設立された非営利のビジネス組織だ。

この取引では、SCOAがチアブロックチェーン上でトークン化されたカーボンオフセットのバッチを購入し、CADトラストを活用。これによりファンドのコンセプトとビジョンの実装が成功したことを実証したとのことだ。

なおカーボン・オフセットとは、企業が植林や再生可能エネルギーのプロジェクトに資金を提供するクレジットを購入することで、排出量を補償する手段である。

ファンドは、カーボンレジストリのエコレジストリー(EcoRegistry)と協力のうえ、チアブロックチェーン上で1万トンの炭素を鋳造(トークン化)し、チアアセットトークンとして鋳造したという。

カーボンクレジットが鋳造されると、ファンドはトークン化されたカーボンクレジットを購入者に送るだけで取引を実行することができるという。一部のクレジットはすでにチアブロックチェーン上で償却されており、エコレジストリーはその後、レジストリとCADトラストで当該ユニットを償却済みとしてマークした。

IFCの欧州・ラテンアメリカ・カリブ海地域担当副総裁であるアルフォンソ・ガルシア・モラ(Alfonso Garcia Mora)氏は、「ラテンアメリカにおけるこれらの初期プロジェクトは、世界の金融市場における炭素クレジットの正常化を期待する国際排出量取引協会(IETA)のCADトラストの仕組みとアーキテクチャーの証明に役立つ」とコメントしている。

SCOAのマーク・ライラ(Mark Lyra)氏によれば、ブロックチェーン技術はその特性上改ざんや不正行為への耐性を高めており、炭素市場の参加者に取引の安全性を保証することができる」と述べ、「チアネットワークとCADトラストは、異なる炭素市場の統合を促進し、参加者が国境やプラットフォームを越えてクレジットを取引しやすくすることができる。これにより、新たな炭素資産クラスの創設を含め、炭素市場の流動性と全体的な価値を高めることができる」とコメントした。

世界銀行の気候金融・経済グループマネジャーであるハニア・ダウッド(Hania Dawood)氏は「デジタル炭素(トークン)資産の創出は、完全性の高い炭素市場のトレーサビリティと換金性を高めるという気候ウェアハウス・プログラムの取り組みの重要な要素だ」と述べている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:CHIA NETWORK
デザイン:一本寿和
images:iStocks/undefined-undefined

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した