米ワーナーミュージック、ポリゴンラボと提携で「ミュージックアクセラレータープログラム」設立

Warner Music GroupがPolygon Labsと提携

米大手音楽エンターテイメント企業ワーナー・ミュージック・グループ(Warner Music Group)が、ポリゴンラボ(Polygon Labs)と提携し、「ミュージックアクセラレータープログラム」を立ち上げたことを6月28日発表した。

「ミュージックアクセラレータープログラム」では、ポリゴンネットワーク上で展開される音楽関連プロジェクトや、dApps(分散型アプリケーション)の立ち上げ支援が目的とされているとのこと。

なおこのプログラムは応募制となっており、選出されたプロジェクトには、ワーナー・ミュージック・グループとポリゴンラボから支援金が提供されるという。

また選出されたプロジェクトは支援金に加え、メンターシップや戦略的アドバイス、ネットワーキング、マーケティング、プロモーションなどといったサポートも受けられるとのことだ。

なお資金提供を受けたプロジェクトは、四半期ごとにワーナー・ミュージック・グループ及びポリゴンラボと進捗状況の確認をミーティングする必要があり、そこで戦略的アドバイスを受けられるとのこと。

また発表によると「ミュージックアクセラレータープログラム」で理想とされる応募者として、「アーティストとファンのコミュニティ育成」や「分散型音楽制作・配信システムの確立」、「チケット販売ソリューションの革新」、「音楽関連グッズやデジタル及びフィジカルのコレクタブルの探求」、「インタラクティブ・テクノロジーやゲームと音楽の融合」などといった分野に焦点を当てた「音楽、テクノロジー、web3を横断して活動する企業や起業家」と説明されている。

昨年12月にワーナー・ミュージック・グループは、ポリゴン及びNFT音楽プラットフォーム開発の「LGND.io」と複数年のパートナーシップを3社で締結したことを発表しており、その際に、音楽及びコレクタブルプラットフォーム「LGND Music」を今年1月にローンチするとしていた。

「LGND Music」は、あらゆるブロックチェーンからのデジタルコレクティブルをサポートし、消費者が「ヴァーチャル・ヴァイナル(Virtual Vinyls)」と呼ばれるデジタルコレクティブルを外出先で再生できるようにする、音楽とコレクティブルのプラットフォームとなっている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:ワーナー・ミュージック・グループ
images:iStocks/SB・Rawpixel

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した