米ワーナーミュージック、「遊んで稼ぐ」NFTゲーム開発へ。デジタルトレカのSplinterlandsと提携

ワーナーミュージックグループがスプリンターランドとP2Eゲーム開発へ

米ワーナーミュージックグループ(Warner Music Group:WMG )が、P2E(play-to-earn:遊んで稼ぐ)型のNFTゲームを開発することが分かった。

WMGは2月22日、NFTトレーディングカードゲーム「Splinterlands(スプリンターランド)」を運営するスプリンターランド社とのパートナーシップを発表。これによりWMGに所属するアーティストに関するブロックチェーン・NFTのゲームを制作・開発するとのこと。

発表によると開発を予定しているゲームは、「アーケードスタイル」とされており、家庭やソーシャル向けではなくゲームセンターなどで提供されると思われる。

なお「Splinterlands」は、Hive(ハイブ)とWAX(ワックス)のブロックチェーンにマルチチェーン対応したゲームだ。ダップレーダー(DappRadar)によるとユーザー数では第1位のブロックチェーンゲームとなる(2/24調べ)。またDAO(自律分散型組織)である「Splinterlands」の開発コミュニティではSPSトークンの発行も行われており、ガバナンスに利用されている。

WMGの最高デジタル責任者兼事業開発副社長であるオアナ・ルキサンドラ(Oana Ruxandra)氏は、「P2Eゲームの大きなチャンスを過小評価することはできないと思う。スプリンターランドとのパートナーシップは、私たちのアーティストとその音楽に焦点を当て、トークン化されたゲームを共同で開発・維持するものです。私たちの構築で、アーティストに新たな収益源を開拓し、価値創造におけるファンの関与をさらに強固なものにしていきます」とコメントしている。

WMGによるブロックチェーン事業への進出として、NFTを活用したゲームプラットフォーム「The Sandbox (ザ・サンドボックス)」内に音楽コンサートのテーマパークをローンチすることが今年1月に発表されている。

また同月、WMGはNFTマーケットプレイスのブロックパーティ(Blockparty)と提携し、WMG所属のアーティストがブロックパーティで、NFTコンテンツを販売できるようになったとのこと。

さらに同月WMGは、Tezos(テゾス)ブロックチェーンを基盤にした音楽専門のNFTプラットフォームONE OF(ワンオフ)とWMG所属アーティストのNFT販売に向けた契約を提携している。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

米ユニバーサルミュージックがNFT販売へ、Curioと提携で

エミネムやソニー・ミュージックらが出資、NFTマーケットプレイスのMakersPlace

「未来の経済モデルにおける理想的なエンタメのカタチ」NBAやワーナーミュージックと連携するブロックチェーン企業・Dapper Labs CTO Dieter Shirleyに突撃取材

「NFTの次のヒットは音楽業界から生まれるだろう」、エルトンジョンやビヨンセの元マネージャー語る

参考: ワーナーミュージックグループ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SvetaZi・shironosov

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も