米ワーナーミュージック、「遊んで稼ぐ」NFTゲーム開発へ。デジタルトレカのSplinterlandsと提携

ワーナーミュージックグループがスプリンターランドとP2Eゲーム開発へ

米ワーナーミュージックグループ(Warner Music Group:WMG )が、P2E(play-to-earn:遊んで稼ぐ)型のNFTゲームを開発することが分かった。

WMGは2月22日、NFTトレーディングカードゲーム「Splinterlands(スプリンターランド)」を運営するスプリンターランド社とのパートナーシップを発表。これによりWMGに所属するアーティストに関するブロックチェーン・NFTのゲームを制作・開発するとのこと。

発表によると開発を予定しているゲームは、「アーケードスタイル」とされており、家庭やソーシャル向けではなくゲームセンターなどで提供されると思われる。

なお「Splinterlands」は、Hive(ハイブ)とWAX(ワックス)のブロックチェーンにマルチチェーン対応したゲームだ。ダップレーダー(DappRadar)によるとユーザー数では第1位のブロックチェーンゲームとなる(2/24調べ)。またDAO(自律分散型組織)である「Splinterlands」の開発コミュニティではSPSトークンの発行も行われており、ガバナンスに利用されている。

WMGの最高デジタル責任者兼事業開発副社長であるオアナ・ルキサンドラ(Oana Ruxandra)氏は、「P2Eゲームの大きなチャンスを過小評価することはできないと思う。スプリンターランドとのパートナーシップは、私たちのアーティストとその音楽に焦点を当て、トークン化されたゲームを共同で開発・維持するものです。私たちの構築で、アーティストに新たな収益源を開拓し、価値創造におけるファンの関与をさらに強固なものにしていきます」とコメントしている。

WMGによるブロックチェーン事業への進出として、NFTを活用したゲームプラットフォーム「The Sandbox (ザ・サンドボックス)」内に音楽コンサートのテーマパークをローンチすることが今年1月に発表されている。

また同月、WMGはNFTマーケットプレイスのブロックパーティ(Blockparty)と提携し、WMG所属のアーティストがブロックパーティで、NFTコンテンツを販売できるようになったとのこと。

さらに同月WMGは、Tezos(テゾス)ブロックチェーンを基盤にした音楽専門のNFTプラットフォームONE OF(ワンオフ)とWMG所属アーティストのNFT販売に向けた契約を提携している。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

米ユニバーサルミュージックがNFT販売へ、Curioと提携で

エミネムやソニー・ミュージックらが出資、NFTマーケットプレイスのMakersPlace

「未来の経済モデルにおける理想的なエンタメのカタチ」NBAやワーナーミュージックと連携するブロックチェーン企業・Dapper Labs CTO Dieter Shirleyに突撃取材

「NFTの次のヒットは音楽業界から生まれるだろう」、エルトンジョンやビヨンセの元マネージャー語る

参考: ワーナーミュージックグループ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SvetaZi・shironosov

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored