ディーカレット買収のAmber Group、約230億円資金調達

Amber Group、約230億円の資金調達

グローバルに事業展開する暗号資産(仮想通貨)金融サービス事業者アンバー・グループ(Amber Group)が、資金調達ラウンドで約230億円(2億ドル)を調達したことが2月24日分かった。これにより同社の企業評価額は約3,449億円(30億ドル)となったとのこと。

この資金調達ラウンドは、シンガポール政府が所有する投資会社テマセク(Temasek)が主導し、セコイア・チャイナ(Sequoia China)、パンテラ・キャピタル(Pantera Capital)、タイガーグローバル(TigerGlobal)などの既存株主が参加したとのこと。

今回アンバー・グループが集めた資金は「欧州や米国における機関投資家向けビジネスをサポートするための人材採用」や同社の提供する暗号資産の利回りを提供する消費者向けアプリ「ホエールフィン(WhaleFin)」と、同社のクリエイター向けのインフラストラクチャーサービスである「オープンバース(OpenVerse)」のグローバル展開に利用されるとのことだ。

シンガポールに本社があるアンバー・グループは、アジア、欧州、米国に拠点を持ち、グローバルに事業を展開するデジタルアセットプラットフォームのリーディングカンパニーだ。投資、融資、取引などデジタルアセット関連のあらゆるサービスを、世界中の機関投資家および個人投資家に提供している。

なおアンバー・グループの日本法人であるWhaleFin Holdings Japan(ホエールフィン・ホールディングス・ジャパン)は今月1日、国内暗号資産取引所ディーカレットを買収したことを発表している。

またアンバー・グループは、オーストラリア、英国、日本、スイスにて金融規制当局の承認を受けており、今後も戦略的買収を行い、新たな市場を世界中に拡大するとしている。

関連ニュース

ディーカレット、暗号資産交換事業撤退。アンバーグループへ全株式譲渡を発表

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・alphaspirit

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資