ディーカレット、暗号資産交換事業撤退。アンバーグループへ全株式譲渡を発表

ディーカレットが暗号資産交換事業撤退

暗号資産取引所を運営するディーカレットが、暗号資産交換事業を撤退することが分かった。

ディーカレットホールディングスは2月1日、同社の暗号資産交換事業子会社であるディーカレットの全株式を、WhaleFin Holdings Japan(ホエールフィンホールディングスジャパン)に譲渡したことを発表した。

WhaleFin Japanは、グローバルに拠点を展開する暗号資産金融サービス事業者であるアンバー・グループ(Amber Group)の日本法人だ。

発表によるとディーカレットが進めていたデジタル通貨「DCJPY(ディーシージェイピーワイ)」事業については、子会社であるディーカレットDCPが同事業を継承するとのことだ。

なおディーカレットが提供している暗号資産取引サービスは、今後も継続して利用可能だという。

ディーカレットは昨年12月27日に、株式移転によりディーカレットホールディングスを設立し、持ち株会社体制へ移行していた。その際に子会社となったディーカレットが暗号資産交換事業を行い、2月よりディーカレットDCPへデジタル通貨事業を承継するとしていた。

そして今年に入り、1月13日には暗号資産交換事業子会社であるディーカレットを香港のスタートアップ企業アンバーグループ(Amber Group)へ2月にも売却する方針であることが報道されていた。なおその際にディーカレットは報道翌日の1月14日に正式声明を発表し、事業売却について「当社が発表したものではなく、現時点で最終的な機関決定はなされておりません」と報道を否定していた。

関連ニュース

ディーカレットが暗号資産交換事業撤退を否定「現時点で最終的な機関決定はなされてない」

円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ

参考:ディーカレットディーカレットHD
デザイン:一本寿和
images:iStocks/peterschreiber.media・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も