メタバースで文化都市開発、「MetaTokyo株式会社」設立

「メタトーキョー」を推進する合弁会社を設立

アソビシステム、ParadeALL(パレードオール)、Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)の3社が共同で、メタバース内の文化都市開発を行う合弁会社「MetaTokyo株式会社」を設立したことが2月1日分かった。「MetaTokyo株式会社」の代表取締役CEOは、ParadeAll株式会社 代表取締役の鈴木貴歩氏が務める。

「MetaTokyo株式会社」は、NFTを活用した次世代メタバース(仮想空間)上に「グローバル文化都市トーキョー」を創出するWeb3.0プロジェクト「メタトーキョー」の推進を目的に設立されたとのこと。

「メタトーキョー」は、NFTとその技術基盤であるブロックチェーンをはじめとしたWeb 3.0ムーブメントを文化や都市と結びつける取り組みで、昨年8月に始動したプロジェクトだ。

昨年「メタトーキョー」は、NFTアートプロジェクト「Generativemasks」やストリートスナップ雑誌「FRUiTS」とのコラボレーションを通じて、オープンメタバースとNFTに様々な世代の日本カルチャーを組み合わせて発信することで、国内外から大きな反響を受けたとのこと。

また今後は「メタトーキョー」の保有するメタバースの土地において、音楽やエンターテインメント、フェスティバルの開催、ライブ会場の建築、有名IPとのコラボレーションなどを計画中とのことだ。

Fracton VenturesとParadeAllは昨年3月より戦略的パートナシップを締結しており、Web3関連新規事業を進めていた。

昨年7月にFracton VenturesとParadeAllは、競泳の国際プロリーグであるインターナショナル・スイミング・リーグ(ISL)で北島康介氏がGMを務める「Tokyo Frog Kings」とのパートナーシップ契約の締結し、Web3に関する共同プロジェクトを進めることを発表していた。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

アソビシステムらメタバース上にグローバル文化都市「メタトーキョー」設立、Decentralandに土地購入

フラクトン、Web3.0特化型インキュベーションプログラム開催へ

【速報】北島康介、ブロックチェーン活用の競泳プロチーム運営に意欲。「Tokyo Frog Kings」がフラクトン、パレードオールと提携

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored